想う事。

苦しいシーズンを過ごす管理人が目にした言葉。

「何かに挑戦したら確実に報われるのであれば、誰でも必ず挑戦するだろう。

  報われないかもしれないところで、同じ情熱、気力、モチベーションをもって継続

   しているのは非常に大変なことであり、私はそれこそが才能だと思っている。」

                                by 羽生善治

一流の人が言ったといわれる言葉は、その人の背景を知ったうえで聞くと重みがあり
ますね。本当に羽生さんの言葉かどうかは分かりませんが、今の我々に染み入る言葉
ではないでしょうか?



[PR]
by tbum3396 | 2017-05-02 10:41 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)

この日は休日出勤で試合開始に遅れてスタジアム入りしました。

今節まで1分け8敗と未だ勝ちなしの我らが群馬。

本日の対戦相手は、J1から降格した名古屋。

順当にいけば勝ちはないと思っていましたが、前半からDFラインを高く保ち激しくボールに
プレスをかけています。これまでで一番の出来ではないですか?

しかしチャンスメークはするものの得点には至らず、それでも失点も許さず前半も終了かと思って
いたところ、前半ロスタイムに得たCKを松下が蹴りゴール前に待ち構えていた両チームの選手の
元に弧を描いたボールが山岸のヘッドでゴールに吸い込まれます。

Goal!!

群馬が先制です。前半を1-0で折り返し、盛り上がるスタジアム!

周りでは、行けるんじゃねぇ。と、盛り上がります。

そうですね。ここまでは思惑通りでしょう。

しかし激しいプレスを後半も続けて行けるのでしょうか?

体力の落ちたところからが本当の勝負だと感じていました。

後半の入りも大丈夫です。危険な場面もありましたが何とか抑えています。

次の1点がどちらに入るかで試合の行方が決まってくるでしょう。

そして、その1点が名古屋に訪れます。

後半18分、1-1の同点。

後半24分、1-2の逆転。

後半28分、1-3。

ここまででしょう。残り5分となった段階で帰りの渋滞を考え駐車場へ向かいます。

名古屋劇場は、ここからまたしてもアディショナルタイムでも追加点を奪い1-4の大敗
となりました。orz

これで10戦して勝ちなし。

ダントツの最下位です。

覚悟しましょう。

最後のJ2シーズンを!!

楽しみましょう最後のJ2リーグを!!!

ここまで来たら、何も恐れるものはありません。

シーズン0勝でも結構です。記録を残して記憶に残れば本望です。






[PR]
by tbum3396 | 2017-05-02 10:33 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)