天皇杯が1回戦敗退となり、次のリーグ戦が2週間の間隔が生まれた。

今後のリーグ戦を戦うための補強もし、準備万端で臨んでくれるであろうと
期待していました。

今節の対戦相手は、東京V。

このことろ低迷を続けた東京Vですが、今シーズンは地力をつけ、現在は昇格
を伺う位置にまで上がってきています。

試合は、序盤から群馬が押し込まれる展開で前半3分にFKからあっさりと失点。

まぁ、こんなものかと。

何とか1点を返したい群馬は、耐える時間は続く中、チャンスは訪れる。

しかし、竜樹も江坂のシュートもゴールを揺らすことが出来ず、嫌な流れが続き
ます。そして松下のロングボールから吉濱が抜け出して同点弾!

前半を同点として後半に期待(?)。

だが、地力に差があるため失点は時間の問題かと不安がよぎる。

すると後半の24分、27分と立て続けて失点。

ゴール前でフェイント1発でシュートコースが空く守備は如何なものか?

何れにしても技術や精度に問題があることだけは、はっきりした試合でしたね。

途中出場のウーゴがゴール前いることで迫力が増したようで良かった。

年齢的にもフルでの活躍は難しいと思うが、新しいジョーカーとなってくれると
嬉しいなぁ。

次節は、アウェーで岡山戦があります。引き続き準備は怠りなく!

現在の順位(22チーム中)

13位(↓) 11勝6分14敗 得失差-12
[PR]
by tbum3396 | 2015-09-20 10:57 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)