久しぶりのサカラグ場でのサッカー観戦。

心配していた雨も上がり、涼しい中での天皇杯1回戦。

対戦相手は、岐阜県代表・FC岐阜セカンド。

先日の岐阜戦に続き、弟分・岐阜セカンドとの対戦です。

先発メンバーをリーグ戦より大幅に変更し、天皇杯に臨みます。

GK北、DF多田・小柳・乾・久富、MFアクレイソン・横山・永井・黄・吉濱
FW小牟田の布陣です。

天皇杯は何が起こるか分からないところが怖い。

当然、岐阜2ndも勝利目指して挑戦してきます。

そんなチームに先制を許すと展開が苦しくなってしまうものです。

欲しいのは先制点。

しかし先制をしたのは、岐阜2nd。

そこは、どうなのよ!

そして1点を追いかける群馬は反撃を試みますが、決定機を外しまくりノーゴール。

そんなことしてると更なる悲劇が・・・。

GK北が叩いたボールを繋げられて2失点目。

あ~、この展開は拙いぞ。実によろしくない。

1点を早い時間帯に返さねば確実に負ける。

後半に入り、最初の15分が勝負と思っていたが、チャンスにことごとく失敗を
犯し、ゴールを割ることが出来ない。

堪らず江坂を投入すると格段にチャンスが増えるが、そのチャンスに江坂も決め
られない。あ~、今日はそういう日なのね。

結局、1点を返すのが精一杯。

FC岐阜セカンドのに屈した、今年の天皇杯は1回戦敗退となる。

アマチュアのチームにすら勝てないようでは、今日のこのメンバーはリーグ戦での
出番はないだろう。試合に使ってもらえない理由がちゃんとある気がした。

これでリーグ戦再開まで2週間のお休みが出来ました。

この中断期間を使って草津でミニキャンプでもして有効に使ってもらいたい。

(あれ、最初からそのつもりだった!?いえ、ほんの冗談です)

ともあれゴール前を固める相手をどうやって崩すか?

2週間を使って、もう一度見つめなおして欲しいものです。

f0035443_1845149.jpg
[PR]
by tbum3396 | 2015-08-29 18:06 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)

え~、雷雨で順延となっていた第28節、岐阜戦。

結果から言うと、つまらん!

霧雨の中、フィールドからは闘志とか気迫とかいうものが感じられない。

前節の大宮戦のような球際の激しさも影を潜め(もちろん取りには行って
ますが)ゴール前にボールが思うように入りません。

なんだか非常にぬるい展開になってます。

こういう展開は実に嫌な予感しかしません。

先制点が取れれば良いのですが、得てして・・・。

前半の37分、岐阜のCKからショートコーナーを使い、ゴール前にクロスを
上げられると、簡単に失点。(DF青木のオウンゴール)

あ~、やっぱりね。そんな予感は良く当たるんですよ。

ゴール前に人数は揃っていたし、タイミングを外されたわけでもなく。相手
と競った結果、不運にもゴールネットを揺らしてしまいました。

こうなると何をしてもダメダメな展開に突入。

後半に入って岐阜は、次々に選手交代を行い、あっという間に3人を使いきる。

大丈夫か?岐阜の監督の特徴ある声だけが元気にバクスタまで届く。

ザスパも負けじと交代選手をピッチに送り出すが、状況を変えることは出来ず
時間だけが過ぎていきます。

今節は、2度も群馬においで頂きお礼としてお土産・勝ち点3と共にお帰りいた
だいたようです。(岐阜はこの勝利で最下位を脱出)

群馬が上位に行けない理由は、こんなところにあるのかも知れません。

好調と思ってみても勢いが続かず。上位とは戦えるけど、その他はダメダメ。

結局のところ選手層の薄さとゴールをいかに奪うかの方法が見つからずにシーズン
が過ぎていきます。

こんな落差の大きい試合を見せられるのは辛いものです。

全試合、全力を出し切って戦うのはもちろんですが、その後に電池切れをおこして
いては上位に進出は叶わないでしょう。

時々、見せるパフォーマンスを期待して残りのシーズンを過ごすとします。orz

とは言え、残りの試合も手を抜くことなく選手の一挙一動に注目していきます。

次の試合は、天皇杯1回戦、相手はまたしても岐阜セカンド。

鬱憤を晴らす戦いを期待します。

頼むよ、ホント。



f0035443_11224520.jpg

f0035443_1123041.jpgf0035443_11231738.jpgf0035443_11232743.jpg
[PR]
by tbum3396 | 2015-08-29 11:24 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)

今節はアウェーで大宮と対戦。

この試合は、初見参のナック5スタジアムで群馬が首位相手にどんな
戦いを挑むのか非常に楽しみにしていました。

もちろん虐殺される可能性もありましたが、多分当分訪れる機会が
ないと思われる試合を見ておかねばと参戦を決定いたしました。

さて試合のほうは、守備を固める戦法をとるのかと思いきや、意外と
正攻法で攻めているような気がします。

自分たちの戦い方で大宮さんに挑んでいるのでしょう!

その意気やよし。

しつこくボールホルダーに絡んでボール奪取を試みていますし、たとえ
奪えなくても相手に嫌がれれば御の字です。

前半は、お互いに決定機を迎えることなく時間が過ぎていきますが、待望
の1点は、前半終了間際のCKからオリベイラの放ったボールに合わせたの
は、江坂!ジャストミートしたヘッドがゴールに叩き込まれます!

ゴーーール!

群馬サポの目の前でのゴールシーンに盛り上がる応援席。

来てよかったよ。小雨の降る中、勝利の二文字が頭にちらつきますが、世の
中そんなに甘くないだろう。

それでも前半を1点リードで終了できたことは、上々の出来と言えましょう。

しかし後半に入るとリードしたことで守りの意識が強くなったのか?大宮の
攻勢にまともに受けてしまいます。

それでもしぶとく守って最後の所まではやらせません。

が、相手FWムルジャが単騎ゴールに襲いかかるとGK富井が果敢にシュート
ストップに入ります。ここで相手が倒れて審判の笛が鳴ります。

私はてっきり相手のシュミレーション、若しくはキーパーチャージかと思い
ましたが、まさかのPKの判定。

あ~、ちょっと富井の反応が一瞬遅れたのが痛かったかなぁ。

相手のドリブルが乱れてボールがちょっと長くなったのを見ての動きが遅く
なったように見えました。

それでも判定は覆りません。

当たり前ですが、主審がPKを宣告した以上、富井のストップに願いを託すしか
ありません。

ですが願いもむなしく、ゴールが決まり同点とされます。

その後は一進一退を繰り返し、互いに追加点を奪えずドロー。

実に惜しい。

しかし今日の選手たちからは気迫と闘志が見られました。

試合も楽しく観戦することが出来て満足した一日となりました。



ですが、後日、残念な報に接することになりました。

サポが太鼓のバチをピッチに向かって投げ込んだとのこと。

この為、当分の間は太鼓なしの応援となるそうです。

怒りに任せてのこととは思いますが、これはいけません。

反省と共に再発防止に努めていってほしいものです。



f0035443_13225125.jpg

f0035443_13235226.jpg

f0035443_13241996.jpg

f0035443_13243875.jpg
[PR]
by tbum3396 | 2015-08-26 13:25 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)

昇格組でJ2の昇格レースに絡む大躍進を見せる金沢さんを
迎えての一戦。前回、対戦したときは悔しい結果だっただ
けに、この戦いを負けるわけにはいかない。

前半、早々にDF青木のポジションが変です。

前線に上がったポジションをそのまま維持しています。

どうしたんだ?戦略なのか?

CBがどうして前線に!?

後でこれは服部監督の指示によるものと判明。
(そりゃそうだよな。選手の勝手で出来ることじゃないよね。)

しかし、奇襲攻撃の甲斐なく得点を奪うことが出来ない。

その後の展開はお互いに決め手を欠き前半を0-0で折り返し、後
半に期待です。

後半に入ってお互いにギアを上げてゴールに迫る展開が続きます。

それでもお互いに1点が遠く、決定機も決めきれません。

金沢を見たのは初めてですが、快進撃を続けた理由がよく分かりません。

ディフェンス力のあるチームなのでしょうか?さほど攻撃の精度がある
ようにも思えませんでしたが、侮っているとやられるのは必然です。

しかし、得点を奪えなければ勝利はありません。

金沢は群馬も選手交代で局面の打開を図ろうとします。

金沢も後半に入って時間経過と共に足が止まってきた気がします。

互いに交代枠3人を使って、何とかゴールをこじ開けようと必死です。

そして最後の最後、ロスタイムも最後のワンプレーとなるであろうCKを
途中出場のカイケが蹴ります。蹴りだされたボールは、ファーサイドに
飛び、そこには江坂が待ち構えていました。

ヘッド一閃!ボールはゴールに吸い込まれていきます。

ゴール!ゴール!ゴール!


やったぁ!!決めた!!!

興奮の坩堝と化すスタンド!選手の喜びも爆発です。

良かった。本当に良かった。

こんなに凄い試合なのに観客が3千人あまりというは寂しいばかりです。

地道ではありますが、ホームで勝利を重ねていって感動を呼ぶ試合で
たくさんの人に観戦に訪れてもらいたいものです。

次節は、アウェー・大宮戦ですが、ナック5スタジアムに参戦予定です。

一泡、吹かせてやろうじゃありませんか?

現在の順位(22チーム中)

11位 勝ち点38 11勝5分12敗 得失差-9
[PR]
by tbum3396 | 2015-08-16 17:34 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)

前節、第27節、対岐阜戦が雷雨のため中止になり後日、開催となり
ました。(26日(水)18:30~ 敷島)

今節、第28節はアウェー・讃岐戦。

管理人は日にちを勘違いしておりまして、すっかり失念しておりました。

ネットにて結果を確認したら1-0で勝利!

吉濱のクロスが直接ネットを揺らし先制!

これが決勝点となって勝利に貢献。

これで連敗脱出に成功!

ネットにて試合展開を見ると勝利のみで内容が伴っていないとの記事も
見受けられましたが、今のチームに必要なものは、勝ち点3で十分でしょう。

中位から上位に行くには、きっちり勝ち点を積み重ねることが肝要です。

重要だと感じるのは、どんな試合にしろ、どう勝つかという事ではないで
しょうか?決して綺麗に勝つことは出来なくても、勝ち点を奪うことが
チームにとっての命題だと考えます。

上のリーグでも華麗なパスサッカーを標榜するのは、十分な資金力を持つ
チームだけに許されることだと思います。

金ない、設備ない、環境も伴わないチームは、身の丈にあったサッカーを
目指すべきなのではないでしょうか?

時には専守防衛からの縦ポンのつまらないサッカーも必要だと感じます。

もちろんパスが通る状況なら小気味よくボールを回していれば良い。

状況に応じた柔軟性が、このチームの特徴となれば嬉しいなぁ。

日本代表でさえFWがシュートを打たない国民性ですから、田舎の2部チーム
が得点できなくても我慢しなければなりません。

管理人に許されるのは、強きを挫き、弱きを助ける心優しい、おらがチーム
を時に叱咤激励し、苦しい試合を勝ったときに涙を流し、歓喜の雄たけびを
上げる。そんな毎日を慎ましく過ごすことが片田舎のチームを応援する喜び
であります。

もちろんJリーグに上がってからの日々は、期待してものとは違うものでは
ありましたが、応援するチームがそこにある喜びに勝るものはないと思って
います。

応援する動機は人それぞれであり、チームの現状に絶望して離れていった
人もおりますが、俺たちはまだここにいるよ!との想いで、こんなブログ
を続けております。

いつの日か、このブログをやめる日が来るとは思いますが、その日が来るまで
つまらないとは思いますが、日々雑感をアップしていきます。

さあ、また試合がやってきます。来週もスタジアムに向けて準備をよろしく!

現在の順位(22チーム中)

13位 勝ち点35 10勝5分12敗 得失差-10
[PR]
by tbum3396 | 2015-08-10 00:05 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)