今さら更新Part3。

今節が13シーズンの最終戦、王者G大阪との一戦。

代表に呼ばれていた遠藤、今野は休養のため出場はなし。

それでも満員の敷島で気合のこもったプレーでシーズンを
締めくくって欲しいものだ。

序盤の展開は、我慢の時間が続く苦しい展開に。

これは想定した通りの展開だが、一向に攻めの手がないのは
如何なものか・・・。王者相手に仕方がないと言えば渋々納得
だが。

後半もやはり防戦は続く、スローインから簡単にディフェンスを
崩されて失点。やっぱうまいねぇ。

それでも我らがチームは徐々にペースをつかみ、ようやく後半の
42分にロビーニョのシュートのこぼれ球をエデルが押し込み同点。

一気にボルテージは上がったが、勝ち越すことは出来ずまたしも
ドロー。王者相手に善戦とするのか・・・。

いずれにしても消化不良の13シーズンは終了し、試合後には今
シーズンをもって引退する櫻田のパフォーマンスがあり~の、万感
の想いを持って、また草津時代を知る男がチームを去った。

13シーズンの成績

22チーム中 20位

勝ち点 40 9勝13分20敗

来季の巻き返しを願う。
[PR]
by tbum3396 | 2014-01-17 13:00 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)

今さら更新Part2。

前節で残留を決めた我らがザスパクサツ群馬は、ホームに
昇格を決めている神戸を迎えての一戦。

前半に2失点を喫し、もはやこれまでかと思われたが坂井の
ゴールと平繁のPKでなんとか同点に追いつく。

多分、前節で残留を決めているせいで2失点にも気落ちする
ことなく得点を取りに行った結果がドローという結果になった
のだろう。

いつも思うだが、我らのチームは波が有り過ぎて良いパフォー
マンスを見せたかと思うと連敗が続いたりする。

決して見劣りするメンバーではないはずなのに・・・。

J2下位のチームにいる理由がそこにあるような気がする。

この試合、神戸の先制した場面では、ボールホルダーへの寄せ
が甘く、綺麗にミドルを撃たれて失点。2点目は美しすぎるFKで
ゴールを揺らされてしまったが、共に敵ながらあっぱれな得点だ
った。

同点には出来たが勝ち越すことは出来なかった。

今シーズンの課題が見えた試合だった気がする。
[PR]
by tbum3396 | 2014-01-17 12:37 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)

新年あけましておめでとうございます。
(って、今頃ですかという突っ込みもありますが)

今さら先シーズンの観戦記でもないと思いましたが、書いて
おかないと14シーズンの記事が始まらないような気がし
て今さらですが書いておきます。

’13、J2第40節、鳥取対群馬、1-1。(ネットでの結果のみ)

両者ともに降格の火がお尻について、共に負けられない
戦いとなった今節。

負けた方が降格に近づくという、ある意味、残酷な戦いである。

今シーズンより導入された「降格」というシステムは、シーズン
最終戦まで気の抜けない(サポーターにとっては恐怖の)戦い
となっている。

さて試合の方は、前半早々に多田の値千金のゴールで先制
したが、前半のロスタイムにまさかのオウンゴールで同点。orz

後半は、防戦一方で、いつ勝ち越されてもおかしくない展開
だったようで、それでもしぶとく勝ち点1を奪い「残留」という
嬉しいような悲しいような最低限の仕事を成し遂げた。

こんなはずじゃ無かった。というのが正直な気持ちだな。

JFL時代のザスパ草津から数えて10年目のシーズンが
これでは何のために重ねてきたシーズンだったのか。

お金がない、練習環境がとか、選手層がとか言い訳は星の
数ほど出てきそうだが、うちらのチームは雑草魂の継承が
出来ていなのが悲しい。

逆境こそが自分を強くする糧ではないのだろうか?

などと思う管理人でした。
[PR]
by tbum3396 | 2014-01-17 12:22 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)