カテゴリ:サッカー( 37 )

キター!

J1も本日の第34節をもって終了となりました。

J1の優勝は広島!(あ~昔、J2という舞台で対戦してたよなぁ)

そしてJ2の昇格組は、甲府、湘南、大分の3チーム。

来季、我らがザスパクサツ群馬と同じ土俵で戦う仲間として

神戸、G大阪、札幌のみなさんをお迎えすることになりました。

神戸には都倉が在籍していますし、札幌のみなさんはお帰り~!?

という感じでしょうか。

そして驚きは、

G大阪が敷島にやってくる!


ということでしょうか。

どうしてしまったんでしょうかね?西野監督を切ったあたりから

おかしくなったような気がしますが、神戸でも結果が出ないとなる

と監督のせいだけでもないような・・・。

いずれにしてもG大阪戦だけは来季の大いなる楽しみが出来たと
言えるでしょう。(まぁ、1年で卒業していくでしょう)

G大阪サポのみなさん!地方の弱小クラブ相手に環境の酷さにビッ
クリしないで下さいね。ピッチはアレだし競技場の設備もアレですか
らね。

さてJFLかの昇格は佐野さん率いるV長崎が決めましたが、肝心の
佐野さんがまさかの契約満了。草津に関係する選手や陽二が居ま
すが去就がどうなりますか・・・。不安が残ります。

JFL降格の町田は、捲土重来を期して再度J2に上がって来て欲しい
ものです。とは言え酒井良が契約満了になってしまい寂しいものが
あります。

我らがザスパクサツ群馬としても次期監督候補の名前は上がっている
ようですが、正式発表がありません。補強もJ1の陣容が決まってから
の動きになるのでしょう。首を長くして吉報を待つことにしましょう。

来季以降の経営に関して

クラブライセンス制度の導入に伴い財政状況が厳しいクラブにとって難しい
かじ取りがまっています。今後のクラブ経営には身の丈経営が必死の情勢
です。

管理人的には、有望な若手を発掘して他クラブに売りつつ環境整備にお金
を投入して一刻も早く安定的なクラブ運営を行うことこそ至上命令ではない
かと思っています。

J1昇格は夢ですが、先ずは足元をしっかりとすることが最優先ではないので
しょうか?ユース世代を鍛えてトップに昇格できるような選手が出てきてこその
プロチームではないかと思っています。

確かに勝ってなんぼの世界ではありますが、一時のギャンブルで身ぐるみ剥が
されることになってはいけないと考えています。

今後ともクラブの行く末には関心を持っていきたいと思っています。
[PR]
by tbum3396 | 2012-12-01 23:25 | サッカー | Comments(2)

J1、FC東京対浦和、1-1。

ふ~、現実逃避で見た試合は、終盤に浦和が先制!

残り時間を考えれば浦和がそのまま逃げ切りかと思われたが
CKからヘッドで同点弾を決められて残りロスタイムでも点が動
かず1-1の引き分けとなりました。

両チームとも気持ちの入ったプレーで勝ちきれませんでしたが
見ごたえのある素晴らしい試合でした。

FC東京には高橋選手、山岸コーチなど群馬や草津にゆかりの
ある人の姿があり、活躍ぶりがまぶしい限りです。

対する浦和も終盤に小島選手がピッチに入り観ているこちらとし
ても両チームを応援したい気持ちでした。

しかしながら先制した浦和にとってセットプレーからのまさかの
失点は悔やまれる限りではないでしょうか?

どこぞのチームでは毎度おなじみのプレーでしたが、1点を取って
集中力が切れてしまったのかも知れません。

サッカーは本当に難しいものです。



ここからは明日の試合に向けて

一生懸命に走っても90分間+αを戦わなくてはなりませんから、ペ
ース配分にも注意しなければならないし、かといってスローな展開
ではなかなか得点が出来ません。

どうしてもリスクと隣り合わせでの展開となります。

守備力が高いだけでは勝てませんが、失点さえなければ負けない
という考えの管理人としては、シッカリとした守備から早い攻撃が見て
みたいと思っていますが、我らがチームでは、そういった戦術は切り
捨てられているようなので期待薄ですね。(もちろん繋ぐ場面も大事。
でも時には速攻を仕掛けるなど戦術を使い分けて欲しいなぁ。単調な
仕掛けがダメなだけと考えています。)

明日の試合も相手陣内まで攻め込みながらボールを奪われて速攻
から失点とかFKないしはCKからセットプレーで失点とかネガティブ
なイメージしか出てこない・・・。orz

Jに昇格してから安定した守備ってものを見ていない気がしています。
守備を立て直す力のある方に来季は来ていただいた方が良いと思い
ます。(もう来季の話かよ)

もとい明日の試合も厳しい戦いとなることは十分察しがつきますが
対戦相手の松本サポも大挙して敷島に集結の模様なので応援でも
負けないようがんばろうではないか!

選手が意地を見せられないなら、せめてサポが意地を見せてやろうじゃ
ないですか!!(それしかないのかよ~!?)

それでは明日、スタジアムで我らがチームのケツをひっぱたきに参り
ましょう!
[PR]
by tbum3396 | 2012-05-26 21:45 | サッカー | Comments(0)

アルテ高崎

経営母体である○○大学のゴタゴタぶりを見るにつけJFLに参加しているアルテ高崎の将来
を心配していたところ

アルテ高崎、JFLからの退会について

JFL公式HPで発表がありました。新聞等にも記事が載っており危惧していた通りの展開
となってしまいました。

アルテ高崎と言えば群馬FCホリコシと言っていたJFL時代に我らがザスパ草津と同じ群
馬県勢として凌ぎを削りあった仲でもあり、群馬ダービーでは煮え湯を飲まされたライバル
でもありました。天皇杯での活躍も記憶に残っています。

経営母体の経営難からのJFL退会ということですが、選手・スタッフのみなさんの心情や
いかにと思うばかりです。新たなる道が開けることを祈るばかりです。

しかしながら我らがザスパ草津にとっても先行きがバラ色という訳ではありません。来る
べきクラブライセンス問題で赤字体質を脱却しない限り同じ運命が待っているわけです。

これからのシーズンは、足元を見据えつつ降格という恐怖に怯えながらの戦いが待って
います。

失ってから気づくのではなく、今ある問題の解決に向けて出来ることは何なのかを考え
ながら2012シーズンをチームと共に進んで行けたらと思っています。

この先もチームの勝敗に一喜一憂しながら楽しく仲間と過ごす時間がこれからも続くこと
を願うばかりの今日この頃です。
[PR]
by tbum3396 | 2012-01-14 11:04 | サッカー | Comments(0)

謹賀新年!

 新年、明けましておめでとうございます。

細々とやってまいりました当ブログも7年目突入と相成りました。

管理人の備忘録として始まりました当ブログが、こんなに長くつづくとは
思いもよらぬことです。(日記なんて3日すら続かなかったんさ)

ザスパ草津を2004年に応援し始めていろんな事がありました。辛いことや
悲しいこと嬉しいこと、感動の涙すら流したことがありました。

そんなこんなが応援を続けていける源なのかも知れません。

今年もまたそんなザスパ草津と共に歩んでいけたらと思います。

少しでも当ブログを読まれた方がスタに足を運んで頂けたらこんなに嬉しい
ことはありません。みなさんに喜ばれる記事が書けるかどうか分かりませんが
どうか地元のサッカーチームをちょっとばかし気にかけてやって下さい。

我らがザスパ草津をよろしくお願いします。
[PR]
by tbum3396 | 2012-01-01 08:53 | サッカー | Comments(0)

長いタイトルですが、群馬県の天皇杯出場チームを決める
協会長杯の決勝が先日28日に県サッカーラグビー場にて
行われました。

f0035443_23133649.jpg














アルテ高崎(JFL)対ザスパ草津U-23(県3部)で行われ
6-0でアルテ高崎が優勝し天皇杯出場を決めました。

f0035443_23101778.jpg
厳しい現実















先ずは、アルテ高崎の天皇杯出場おめでとうございます。

管理人はメインスタンドからの観戦でしたが、残念ながら
アマチュア最高峰のJFLで闘うチームと我らが草津のU-23
のチームでは地力に大きな差がありましたね。

もちろんU-23の選手たちが準決勝にて関東リーグ所属の
tonan前橋を撃破しての決勝戦進出は快挙でしたが、決勝
戦で奇跡は起こりませんでした。

試合を通じてU-23の選手たちが何かを掴んで、これからの
リーグ戦で結果を出していってくれたらうれしい限りです。

諸般の事情で県3部で戦わざるを得ないU-23の諸君に、より
高いレベルでの試合を経験させてやりたいなぁ、と切に思いま
す。(せめて県1部から関東リーグくらいはね)

今できる最大のことを成し遂げてトップチーム昇格を目指して
いって下さい。1人でも多くの選手がトップで活躍するのを楽し
みしています。がんばれ!超~がんばれ!!
[PR]
by tbum3396 | 2011-08-29 23:14 | サッカー | Comments(0)

松田直樹!

群馬が生んだ(管理人的には思い入れのある、桐生が生んだ!)JFL松本
山雅・松田直樹選手が練習中に倒れて、そのまま天国に召されてしまいま
した。人生まだまだこれからという中での出来事に無念の思いはいかばかり
かとお察し申し上げます。

マリノスを解雇されて草津もオファーを出したと聞いていますが、いつかは
草津でのプレーを見てみたいと夢想していましたが、儚く夢と終わってしま
いました。

告別式には大勢のファン・サポ・仲間が駆けつけて別れを惜しんでいました。

その勇姿は、すべての人に深く刻まれ永遠に生きるでしょう。

天国で大好きなサッカーを心行くまで楽しんで下さい。合掌。
[PR]
by tbum3396 | 2011-08-12 13:24 | サッカー | Comments(0)

なでしこ優勝!

なでしこ優勝おめでとう!

いや~、先制されながら追いつき、延長戦で勝ちこされても
同点に追いつくなんて凄いですねぇ。

選手の精神力には、おじさんすっかり脱帽です。あっぱれ!

正直、アメリカに勝つのは難しいと思っていたし、試合の入りも
圧倒されていたと思いますが、フットボールは分からないねぇ。

本物のジャイアントキリングを見せてもらいました。感激です。

苦しい時に、もう一歩さらにもう一歩!そんな小さなことの積み
重ねで栄光を手にしたように思えます。

決勝戦に進んだことで満足せず、最高の金メダルを望み、それを
手に入れることが出来たなでしこは凄すぎです。

元気のなかった日本に勇気と希望を与えてくれたのではないでしょうか?

ありがとう!なでしこジャパン!おめでとう!!
[PR]
by tbum3396 | 2011-07-18 07:45 | サッカー | Comments(0)

懐かしい人が・・・。

水戸ちゃんのHPに懐かしい人の名が・・・。

その名は、「秋葉 忠宏」 水戸のヘッドコーチ就任です。

闘将つながりでしょうか?こちらの手の内を知り尽くしているので、ちと厄介ですね。

これも将来に向け、指導者として第一歩となれば良いですね。

今年も水戸ちゃんには負けませんよ!?

しかし水戸ちゃんを取り巻く環境も厳しいようで・・・。こんな記事も

~Jリーグ『公式試合安定開催基金』借入申請について~

うちも似たような状況ですから人の心配をしている場合ではないのかもしれませんが・・・。
[PR]
by tbum3396 | 2011-01-17 20:39 | サッカー | Comments(0)

サッカーを巡る話題

現在、J2リーグ戦はしばしの休息。

サッカーを巡る話題を少し。

三菱水島がJFL脱退、経済不況で
JFLを戦う三菱水島が経済環境を理由にJFLから脱退することになったそうです。
クラブは存続するようですが、JFLに参加する費用までカットされるのは辛いですなぁ。
このところ三菱水島は成績が振るわなかったのも原因になるのだろうか?

ガイナーレ鳥取やNW北九州などはJリーグの入会審査に成績さえ上位4位に入れば
通るようですので明暗が分かれます。しかしJリーグに上がっても経営は大丈夫なのか
と心配してしまいます。>うちも大変苦労をしてますので・・・。

今日はナビスコ杯決勝。FC東京が川崎Fを2-0で下して5年ぶりの優勝!おめでとう!

(そのFC東京と天皇杯を11日に長崎で戦います。8日はリーグ戦でJ1昇格目前の
 C大阪と長居で対戦。どんだけ罰ゲームなんだろうemoticon-0106-crying.gif

しかし、去年の覇者・大分は

大分資金難…Jに借金2億円申し込みへ
jリーグの取り立ては殊の外厳しいので劇薬に等しいと思います。借金が期日までに
返せないとJリーグから成績が良くても昇格させないこともあるという、まさに綱渡りを
強いられる状況です。

うちも05年に経験済みですが、とっても辛いものがあります。身の丈経営とは一体どこ
らへんが身の丈なのだろうか?ともに来年J2を戦いますが、お手柔らかにお願いします。
[PR]
by tbum3396 | 2009-11-03 17:40 | サッカー | Comments(0)

名門・東京Vが

Jリーグ元年から素晴らしい歴史を残してきた東京Vですが、大株主の日テレが経営から撤退し
持ち株会社に株を譲渡するとのこと。

東京V、読売完全撤退し規模縮小で再出発---日刊スポーツより

また
東京V、5・4億円未満ならJリーグ退会---日刊スポーツより

我らがザスパ草津からすれば明日は我が身といううすら寒い事態になってきました。

またJ1大分トリニータでもスポンサーのマルハンが撤退して来季のスポンサー探しが苦労しそう
です。この時期のスポンサー撤退はJ1残留に向けて後がないチームにとってはとても痛いこと
でしょう。

翻って我らが愛するチームに目を向けるとメインスポンサーにベイシア様という地元の企業に支
えてもらっていますが、現状の成績ではいつ見限られるとも限りません。

管理人は、地元にJリーグチームがあるということが今後10年、20年と継続していくことが大切
だと思っています。極端なことを言えば万年J2でもかまいません。もちろんJ1昇格を目指すこと
がチームの永遠の目標だと思っています。

しかし資金力がないチームがJ1に上がれるとも思っていません。

今は、チームのコンセプトを固めるときで目先の勝敗にこだわる必要はないでしょう。(まぁそれでも
結果に一喜一憂はしてしまいますが)

今はしっかりと足元を固めてJrやJrユース、ユースといった下部組織の整備をはじめ各年代に応じ
たサッカー(純粋に楽しいサッカーからトップと同じサッカーまで)を展開する必要があるでしょう。

こういった下部組織にいた子供たちが将来のサポーターになってくれるようなクラブであって欲しい
とも思っています。それにはまだ時間が必要ですね。

サッカーを通じてサッカーファンを育成することがクラブのもう一つの使命のような気がします。

そして願わくは、トップチームがそれを支える人たち全ての誇りとなれれば最高です。

ぜひクラブの関係者のみなさんには、懸命なる努力をお願いしたいと思います。
[PR]
by tbum3396 | 2009-09-18 17:35 | サッカー | Comments(0)