カテゴリ:ザスパクサツ群馬( 682 )

想う事。

苦しいシーズンを過ごす管理人が目にした言葉。

「何かに挑戦したら確実に報われるのであれば、誰でも必ず挑戦するだろう。

  報われないかもしれないところで、同じ情熱、気力、モチベーションをもって継続

   しているのは非常に大変なことであり、私はそれこそが才能だと思っている。」

                                by 羽生善治

一流の人が言ったといわれる言葉は、その人の背景を知ったうえで聞くと重みがあり
ますね。本当に羽生さんの言葉かどうかは分かりませんが、今の我々に染み入る言葉
ではないでしょうか?



[PR]
by tbum3396 | 2017-05-02 10:41 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)

この日は休日出勤で試合開始に遅れてスタジアム入りしました。

今節まで1分け8敗と未だ勝ちなしの我らが群馬。

本日の対戦相手は、J1から降格した名古屋。

順当にいけば勝ちはないと思っていましたが、前半からDFラインを高く保ち激しくボールに
プレスをかけています。これまでで一番の出来ではないですか?

しかしチャンスメークはするものの得点には至らず、それでも失点も許さず前半も終了かと思って
いたところ、前半ロスタイムに得たCKを松下が蹴りゴール前に待ち構えていた両チームの選手の
元に弧を描いたボールが山岸のヘッドでゴールに吸い込まれます。

Goal!!

群馬が先制です。前半を1-0で折り返し、盛り上がるスタジアム!

周りでは、行けるんじゃねぇ。と、盛り上がります。

そうですね。ここまでは思惑通りでしょう。

しかし激しいプレスを後半も続けて行けるのでしょうか?

体力の落ちたところからが本当の勝負だと感じていました。

後半の入りも大丈夫です。危険な場面もありましたが何とか抑えています。

次の1点がどちらに入るかで試合の行方が決まってくるでしょう。

そして、その1点が名古屋に訪れます。

後半18分、1-1の同点。

後半24分、1-2の逆転。

後半28分、1-3。

ここまででしょう。残り5分となった段階で帰りの渋滞を考え駐車場へ向かいます。

名古屋劇場は、ここからまたしてもアディショナルタイムでも追加点を奪い1-4の大敗
となりました。orz

これで10戦して勝ちなし。

ダントツの最下位です。

覚悟しましょう。

最後のJ2シーズンを!!

楽しみましょう最後のJ2リーグを!!!

ここまで来たら、何も恐れるものはありません。

シーズン0勝でも結構です。記録を残して記憶に残れば本望です。






[PR]
by tbum3396 | 2017-05-02 10:33 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)

開幕3連敗の群馬は、ホーム開幕に町田を迎えての一戦。

結果の出ない群馬は、この試合で何とか勝利を手にしたいもの。
もう負けは許されないとの気概を持って試合に臨んでいるはず。と、信じていましたとも
さ。J2で唯一、勝ち点がないのは、うちのチームだけですもの。orz

前半は、お互いに攻め手を欠く退屈な試合になりました。ボールは動くものの中々、決定機
までは行かず(唯一チャンスも無人ゴールにもシュートを打てず)、互いに得点を奪えず0-0
で後半に期待する。

後半は、風上に立った町田が攻勢を強めて群馬のゴールに襲いかかります。

動いたのは後半の19分、町田リハンジュのクロスがバーを直撃して無情にもゴールマウス
に吸い込まれ、町田が先制します。こうなると攻撃陣の奮起に期待するしかありませんが
最後までゴールを割れず4連敗となりました。

弱い、弱すぎる。

攻撃にスピード感が足りず、個人の突破のみ終始して周りのフォローもなく囲まれてボールを
ロスト。決してパス交換が悪いのではなく、相手の陣容が整った場面では崩しきれない。

相手サイドを深くえぐってクロスなんて場面がいくつあったろう。

シュートを打たなければ得点は奪えず。(前半2、後半0)守っては不運なゴールがあるものの
これを不運と片付けては、勝利はないと思います。

次節もホームで開催となります。今シーズンで最後のJ2とならないように反攻の狼煙を上げて
もらいたいものです。(淡い期待だとの自覚はあります)



[PR]
by tbum3396 | 2017-03-25 11:04 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)

今節は、アウェー3連戦の最後、横浜FCとの対戦です。

前節は、仕事の為、参戦が叶いませんでしたので、今節の参戦を画策していましたが
勝てる要素が見当たらず、ホーム初戦まで観戦は断念としました。

さて結果の方は、横浜・レジェンド!カズ選手に50歳での得点を献上して敗戦。orz
(アウェー戦に参戦された方は、歴史に立ち会えて良かったですね!?)

失点は、この得点のみで、4失点→3失点→1失点で格段の進歩を見せている!?
と、無理やり納得してホーム初戦を迎えたいと思います。

そろそろ勝ち点ゲットをしないとヤバいよ!ヤバいよ!!

[PR]
by tbum3396 | 2017-03-12 18:01 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)

今節は、アウェーで湘南と対戦。

前節の大敗を受けてどんな手立てを打ってくるのか?楽しみな試合ではあります。

守護神は、前節と変わり清水。鈴木と高井がポジションチェンジ。

フォーメーションは、3-4-3と前節と同じ布陣で臨みます。

前節の大敗を崩されての失点ではないとの事ですが、果たしてそうなんでしょうか?

人数が足りていたのに失点しているのは重症な証拠なんではないでしょうか?

疑問が頭をよぎりますが、どのように立て直しを図るのか期待して結果を待ちます。

しかし、期待も空しく1-3で敗戦。orz

前半10分に失点するも前半をこの1失点で凌ぎ後半に繋げます。

しかし後半4分に松下が痛恨のPK献上。これで2-0と先行されます。

何とか挽回したい群馬は、後半9分にルーキー・高井が今シーズン初得点を上げ反攻の
狼煙を上げますが、後半28分にカウンターからまたしても失点でジエンド。

追加得点が欲しい群馬の重心が前のめりになれば、カウンターが効果的です。
まんまと湘南の術中に嵌り、失点を重ねてしまいました。

2節を終了して失点7、得点1では勝ち点を奪うことが出来ません。

前節を終了した段階で3連敗を覚悟しましたが、次節・横浜戦も厳しい状況に変わりは
ないでしょう。急には立て直しは難しいでしょうが、明日に希望が持てるような戦いが
出来るよう1歩づつ前進しなければなりません。

今シーズンのスローガンでもある「全力」で前進あるのみ。ね、頼みますよ!?

[PR]
by tbum3396 | 2017-03-12 17:51 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)

前途多難。

アウェー・長崎で17シーズンが始まりました。

今シーズンも大幅なメンバーチェンジを行い、指揮官も変わり戦術も昨年とは違う。

手探りでチームの構築を行うのは大変な作業と思う。

が、この結果はなんだろう。

ダイジェスト版を見ただけなので何とも言えないが、先制点は致し方ないにしても、その後の
失点は一体どうしたのだろう。GKが若く実戦経験が足りないのは分かっていることだし、清水
をあえて使わない理由はなんなのだろうか?

またゴール前から繋ごうとして2失点とか、危機管理がまったく出来ていないとしか思えない。

やりたいことと出来ることの差があまりにも大きいと感じた。指揮官が選手の能力以上のことを
要求しても結果がでることはないような気がする。

そこを我慢してやり続けるのか?出来ることで結果を求めるのか?

監督は頑固な性格と聞く。そうすると我々も我慢のシーズンを送ることになるだろうか。

開幕アウェー3連戦での3連敗までは覚悟は出来ました。ホーム開幕戦までに何とか形が出来ている
と良いのですが・・・。



[PR]
by tbum3396 | 2017-03-03 18:29 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)

激震!大変だ!

’16シーズン終了後のドタバタには驚愕してしまいました。

なぜなら服部監督の続投が既定路線だと思っていた所、チーム編成に絡んで意見対立から
チームを離れることになったからです。

その上、瀬川、中村、乾、吉濱と主力が流出。

常盤、青木、福島、石川が引退。

その他、契約満了の選手が続出してチームに残る選手の契約更新情報も出ず、どうなること
かと心配していました。

しかし、その後の加入ラッシュに唖然。そんなに選手を取ってどうする?しかも前目の選手
ばかり、補強ポイントはDFの構築なんじゃないの?

監督も森下仁志氏に決まりコーチ陣もシュナイダー潤之介以外は一新し、新たなるスタート
となりました。

毎年のことながら、成績不振でチーム一新して準備不足で出遅れて下位に沈む→なんとか残留
→次シーズンに期待→主力流出→成績不振→チーム一新・・・以下、無限ループ。

この悪循環を断ち切るのは、明確なチーム編成と長期的な選手育成が必要だと管理人は思います。
が、目先の結果に囚われていてはいつまでたってもJ2下位に沈んだままでしょう。

我がチームより後にJ2に参入したチームが、監督にチームを託しJ1に駆け上がったのを見るにつけ
スポンサーがとか資金がとかではなく、何かかが違うとモヤモヤしている管理人がいます。

もしかすると’17シーズンが最後のJ2とならないことを願ってやみません。

幸いにも前橋市のグラウンドが完成し、ご厚意により、ようやく芝の上で練習が出来るように
なりました。踏ん張りどころのシーズンです。私が出来ることでクラブを支えるしかありませんが
年寄の楽しみが少しでも先に延びて、いつかJ1に行けたら嬉しいなぁ。

今年も2月26日(日)に幕が上がります。アウェーでの開幕ではありますが、新しいチームの雄姿
を楽しみにしています。



[PR]
by tbum3396 | 2017-01-14 15:57 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)

今シーズンの最終戦で岡山とアウェーで対戦。

ネットで結果を確認していましたが、前半で0-3の結果に唖然としていました。

前半のアディショナルタイムでやっと瀬川の1点を返し、1-3で折り返し。

後半もこの調子では、虐殺モードかと心配していましたが、瀬川、山岸のゴールで
同点に追いつきました。

諦めない気持ちで今シーズンを締めくくれたことは良かったと思いますが、今シーズンを
象徴するような試合でもあったと思います。

ハマった試合は快勝するが、失点が多く試合中の修正が上手く出来なかった試合が多かった。
結果、シーズンを終了して17位、11勝12分け19敗ということになったのでしょう。

管理人は、今シーズンを振り返ってホームでの勝利が8勝5分け8敗、正味五分の戦いが出来た
と思います。ホーム戦での勝利は観客にスタに来る喜びを味わって頂けるまたとない機会だと
思っています。

しかしアウェーで大きく負け越したことが、上位に進出出来なかった理由でもあります。

ホーム戦で勝ち点を伸ばし、アウェーで負けない戦いが出来れば上位に進出することも可能
でしょう。しかし、相手チームも同じくホーム戦での勝利を狙ってくるわけですから言うほど
簡単なことではないでしょう。

簡単なことでも我がチームにとっては、永遠の課題ではないでしょうか。

服部監督の2シーズン目の戦いは、まずまずの成績だったと思います。

現有戦力で良く戦ったと評価します。来シーズンは契約最終年の3シーズン目です。

どんなシーズンになるのか期待していたのですが・・・。

驚愕の展開が待っているとは思っても管理人も思いもよりませんでした。

’16、J2シーズン
17位 11勝12分け19敗

スタに集うすべての人に「お疲れさまでした。来シーズンもよろしくお願いします。」再見!


[PR]
by tbum3396 | 2017-01-14 15:19 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)

ホーム最終戦、対戦相手は徳島。しかし、0-3の完敗。

前節でJ2残留を決めて気が抜けたのか?

常盤、青木両選手の引退が発表され気合が空回りしたのか?

J1を経験した差なのか?

管理人にとっては、思い入れのあるチームとの対戦で多少は期待が
ありましたが、終わってみれば茫然とした気分で試合後のセレモニ
ーも待たずにスタを後にしました。

この少なくも長くない年月の後に夢見た「行こうJへ!」の残酷な
現実が目の前にあります。

少なくてもJ2昇格後に10年くらいでJ1に挑戦が出来るのではないか
との淡い想いがありましたが、現実にはJ2に残留するのが精一杯の
有様です。

故・大西社長が語ってくれた夢はいつになったら叶えられるのだろうか?

プロスポーツに触れる機会のなかった群馬、サッカー不毛の群馬で
プロのサッカーチームが誕生するかもしれないという興奮。

あの高揚とした気分は、長い年月の風雪に錆びついてしまったかの
ようです。熱狂が去った寂しさに苦楽を共にした幾多の選手やサポ
仲間との別れ。言いようがないさみしさを感じざるを得ません。

指揮を執る監督にも苦労が絶えないようでチーム編成や方針に対する
不満も聞こえてきます。

それでも愛するチームを、まだ見放す気持ちはありません。

このチームがある限り応援をしていこうと気持ちに変わりはありません。

幸いにも来季のJ1ライセンスが交付され、来年からは優先的に使用
出来る練習環境が出来ます。

小さい希望ですが、故郷・群馬にいつかJ1のチームが誕生する日が来る
ことを願って、チームに携わるすべての人の努力を期待しています。

まだ、今シーズン最後の試合が残っています。最後の試合を悔いなく戦い
ぬいて、来るべき来シーズンが明るい希望があるよう期待しています。

願わくば来シーズンが、手探りの新編成で始まることのないよう祈っています。
[PR]
by tbum3396 | 2016-11-20 10:10 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)

今節は、山口を迎えての一戦。

J2残留に向けて一歩抜け出したと思っていましたが、終盤の3連敗で雲行き
が怪しくなって来ました。

ここぞという時に力が出ないのは仕様なのであれですが、最下位相手に冷静
さを欠いて敗戦とはなんとかならないでしょうか?

そして今節のレノファ山口は、今季J2に昇格し旋風を巻き起こして快進撃を
見せた強敵です。後半戦に入ってからは勢いは落ちているようですが、群馬
にとって難敵であることに変わりはありません。

さて試合は、前半は風下に立った群馬が山口に押し込まれます。しかしホーム
の意地を見せた群馬が得点を許しません。

後半は、風を利用したいところですが弱いなぁ。地の利を生かせないのはいつも
のことですがね。それでも球際の激しさと運動量で技術のなさをカバーしなけ
ればなりません。

相手が前掛かりに来ているときほどカウンターが生きて来ます。

そして歓喜の瞬間は後半開始早々の7分、山岸→中村→高橋とつなぎ高橋の豪快
なシュートがゴールを揺らします。

しかしリードはたったの1点。これまでの群馬を考えると絶対的なリードとは言え
ません。ヒリヒリとした攻防が続きますが待望の得点はまたしても群馬。

ロングボールに反応した瀬川が上手いターンと相手DFと体を入れ替えてゴールに
一直線に襲いかかります。そして狙いすましたシュートがまたしてもゴールネット
を揺らし待望の追加点です。

これで少しは安心できますが、試合終了のホイッスルが鳴るまで油断は出来ません。

そして長いアディショナルタイムが過ぎ試合終了。

2残留を決めた瞬間でもありました。

この時を待っていた観客の大歓声がスタジアムに上がります。

今季の苦しい戦いが、ちょっとだけ報われた瞬間でもあります。

しかし、我々の目標はJ2残留ではなかったはずですし、少しでも上を目指して残り
の試合を戦って行って欲しいものです。

残り2試合は、消化試合とならないよう有終の美を飾るつもりで臨んで欲しいと思います。

最後に体を張った守備で勝利に貢献した坪内を管理人は本日のMVPとしたいと思います。
(もちろんゴールを決めた高橋・瀬川も☆三つあげたいと思います)

現在の順位(22チーム中)

15位(↑) 勝ち点44 11勝11分18敗 得失差-11


[PR]
by tbum3396 | 2016-11-12 13:16 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)