J2第36節、草津対福岡、0-0。

台風一過で前日の心配が嘘のように晴れ渡った正田醤油スタジアム群馬で、これまで一度も
勝ったことのない福岡を迎えての一戦。お互いこの試合にかける気持ちは相当なものがある
と思われる。

実際、DF陣3人を欠く草津は、相当の覚悟をもって試合に臨んでいるはずだ。(と信じたい)
この一戦にかける思いが、強敵・福岡から前半の26分に鳥さん・涼の2トップが見事にあたり
待望の先制点を上げる。

島のクロスを鳥さんがヘッドで落として涼がボレーシュートで鮮やかに先制!(この辺は遠く
で良く見えていなかったが、とにかくネットを揺らしたのは草津!)

前半はなんとかこの先制点を守りきり1点リードで後半を迎える。しかし草津はリードしたとき
の試合運びに難点があるように思えて仕方ない。相手の攻撃をいなすほど優位に試合を運
べないのだ。

せっかく今季はポゼッションサッカーを掲げているのだから細かくパスを繋いで時間をかけて
も良いのではないかと思う。中途半端にクロスやロングボールを入れて相手ボールにする必
要があるようには思えないのだが・・・。

それは鳥さんに代えて都倉を投入してから特に顕著になるように思える。それでも都倉が前線
でボールをキープできるのなら良いのだが2人3人と周りを囲まれては遺憾ともしがたい。

結局、ボールカットされて見事にカウンターが決まりペナルティーエリア内で田中が相手選手
を倒してPKを献上。これを決められて同点。そこから高田を投入するも勝ち越し点が奪えず試
合終了。(ヤスの復帰はうれしいが大丈夫なのか?無理をして欲しくないなぁ)

またしも福岡から勝ち点3を奪うことが出来ず、初勝利は来年以降の対戦に持ち越しとなった。

せっかくハーフナーマイクや大久保といった長身FWに仕事をさせず、先制するまでは上出来
だっただけに残念な結果となりました。これから上を目指すには、まだまだ身につけなければ
ならないことがたくさんあるようです。

前節に引き続き2試合連続のPK献上。これをどう考えるか?1週間後の試合に向けて練習に
励んでください。まだまだ試合は続きます。決して気持ちを切らさず、残り1試合1試合をムダ
にすることなく前に進んで欲しいと管理人は強く願います。

現在の順位

7位 勝ち点49 12勝13分9敗 得失差+1
[PR]
by tbum3396 | 2008-09-21 10:12 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)