J2第34節、草津対山形、0-0。

心配された雨も降らず、お客さんも4.424人も入った正田醤油スタジアム群馬において現在
2位と自動昇格圏内にいる強豪・山形と熱闘を演じた我らが草津ですが、後半ロスタイムに渾
身のヘッドを都倉が放ちますが無情にもクロスバーに弾かれて無念のスコアレスドローとなり
ました。

再三のあわやというシュートをスーパーセーブで守護神・本田がゴールを守っていただけに本
当に惜しい展開でした。しかし、これもサッカーという醍醐味をスタジアムで多くの方が感じてい
ただけたのではないでしょうか。

布陣は左SBに尾本を入れた以外は不動のメンバー(言い換えると人材不足とも言うかも)。
試合の方は、山形の攻勢にいつものパス回しではなく、ロングボールを前線に入れてきます。
堅守を誇る山形になかなかシュートを打つまでにいかず山形の反撃を必死で守ることが多く
なってきます。

それでも前半を0-0で折り返し、後半に入って局面を打開すべく山形は秋葉に代えて馬場、豊
田に代えて宮崎を投入してきます。それに対して草津も後藤に代えて山崎、尾本に代えて寺
田を投入していきます。今日の尾本は守備で堅実に守ってくれたので大いに評価できます。

寺田は攻撃が持ち味ですから交代してからは積極的に高い位置からクロスを入れてあわやと
いう場面を演出しますが、鋭いクロスに反応できる選手がおらず残念無念。テラ!勝負!!
という管理人の気持ちに応えてくれたのか途中出場ながらがんばっていました。

この日の試合はもちろん勝ちたかった試合でしたが、選手の頑張りが見ている我々にも伝わっ
てくる良い試合でした。前節の虐殺からすれば良く立ちなおってくれたと思います。願わくばあと
一歩とか、ほんの少しのラッキーがあれば・・・。

それでも試合は終わり、また次の試合がやってきます。次節は、8位甲府との直接対決です。前回、対戦したときのようにはいきません。気を引き締めて試合に臨みましょう。

現在の順位

7位 勝ち点47 12勝11分9敗 得失差+1
[PR]
by tbum3396 | 2008-09-08 22:11 | ザスパクサツ群馬