J2第30節、水戸対草津、2-2。

う~ん、こういう試合は負けなくて良かった、と言うべきか。本日はザスパークにてPV観戦です。

前半の18分に山崎の勇気溢れるプレーからこぼれたボールを後藤涼が迷わず突進してかっさ
らうとそのまま左足でゴールを決めて先制点をたたき出す。

しかし試合は、水戸の小気味のよい攻撃に耐える時間が多い。ゲームを支配していたのは水
戸か。草津の攻撃は水戸の鋭いチェックになかなか良いボールが前線に供給できない。

なんとか前半を1-0でリードして終了したかったのだが、水戸・金澤に絶妙のクロスを上げられ
荒田にヘッドで決められてしまう。簡単にクロスを上げられすぎではなかったか。また、CBの
コンビを組むのがお久しぶりの藤井・尾本コンビだからなのか。

この時、荒田と本田がエキサイトしていまい両者にイエローが出されてしまう。本田~!累積
で次節出場停止じゃん。いよいよ常澤のデビューになるのか?サブのGKは、U-23からベンチ
入りさせるのか?次節もハラハラドキドキの試合が楽しめそうです。

後半に入っても水戸優勢は変わらず、開始わずか4分で勝ち越しを許してしまう。今日の草津
は守備での粘りにかけていたように思う。尾本もディフェンスラインでボールを奪われたり、藤井
はカードを2枚貰って赤紙退場になるなど散々な出来となる。

幸い田中、ペのレギュラーが戻ってくるのでCBはなんとかなるが、今季もカードを貰いすぎじゃ
ないですか?裏をかえせば反則覚悟でのプレーになるような場面を多く作られているという事
だと思います。中盤のミスでボールを奪われたりすのが原因だとは思いますが毎度毎度こんな
ことでは心臓に悪いですよ。

しかしリードされてすぐの後半8分にしぶとく繋いだ草津が島田のクロスに山崎が反応して同点
に追いつく。水戸との試合はいつもこんな展開になるような気がしますね。こういうときは、最後
まで集中を切らさずに少ないチャンスにかけなければなりません。

両チームとも死力を尽くして戦いましたが、追加点を奪うことが出来ずに引き分けとなりました。
今日はC大阪が敗れていたため勝ち点3が取れれば順位を上げることができたのですが、残念
ながら順位は変わらず7位のままです。

苦しい台所事情ではありますが、次節・横浜戦での選手の奮起に期待したものです。

現在の順位

7位 勝ち点42 11勝9分8敗 得失差+3
[PR]
by tbum3396 | 2008-08-11 00:11 | ザスパクサツ群馬