J2第51節、徳島対草津、2-2。

今年4回目の対戦も結局、決着がつかず2-2のドロー。(て言うか、泥ーって感じですか?)

勝利にあと少しの後半44分、ゴール前のシュートのこぼれ球を相手DF西河に決められて
今年の対徳島戦の4試合すべてドローとなりました。徳島まで遠征されたサポのみなさん
お疲れ様でした。みなさんの声援はTVを通じて90分間絶えることなく聞こえていましたよ。
後は、無事のご帰還をお願いします。

本日は、ザスパークにてTV観戦でしたが、出遅れてしまい前半の20分近くになって到着。
はやる心で得点表示を確認すると0-0のドロー。良かったまだ試合の動きはなかったようで
す。今日のザスパークには、大勢の人が草津の勝利を見るために集まっていました。

試合は、一進一退のまま前半を終了するかに思えた前半40分、徳島FW石田がゴール前で
パスを受けるとフェイント1回でザスパDFを揺さぶるとシュート!一閃!ネットを揺らします。
このところの不振を振り払うかのような得点に徳島サイドは大喜びです。

対する草津は、後半に入り寺田に代えてFW松浦を投入。今日はカレカの1トップでカレカが
孤立していたので運動量豊富な松浦に相方を務めさせるのは良い選択でした。(結果も出た
し植木采配がずばりと的中)後半開始後、7分に同点弾を決めたのはなんと鳥居塚選手!
前を向いた鳥居塚が意表をついてロングシュート!これが相手DFに当たって相手ネットを揺
らします。(やっぱシュート打たないと点にはなんねぇさね。お見事!)

同点として動きの良くなった草津は後半の11分、松浦が相手DFと競りながらもGKの動きも
よく読んで勝ち越し弾を叩き込みます。盛り上がるザスパーク!今シーズンの徳島戦3分に
今日は決着がつくのか?しかし残り時間はたっぷりあります。勝ちを呼び込むにはもう1点追
加点が欲しいところです。

しかし対する徳島は1点ビハインドを挽回するべく後半14分、19分にDF西河、FW小林を投
入。さらに後半29分にFW大島を投入。明確に攻撃の意思をナインに伝えます。こうなると草
津は時間経過と共に足が止まり始め防戦一方の展開になります。時折見せる攻撃も徳島の
必死のディフェンスに追加点が奪えません。

後半も残りわずかとなった44分にゴール前での相手ヘディングシュートが枠の外側に流れ
て本田が押さえたと思ったその瞬間、猛然とボールに寄せてきた徳島DF西河が押さえたボ
ールをネットに蹴り込みゴール!同点とされます。orz

ロスタイム2分の最後のプレーで得たFKから最後の攻撃を試みますが試合終了。無常にも
ドローとなってしまいました。ため息のでる惜しい試合でしたが、これが今の草津の実力なの
でしょう。今季もあと1試合を残すのみ。ホーム最終戦で最後の意地を見せて欲しいと切に切
に願う次第です。

がんばれ草津!俺たちがついてるからな!悔いの無いシーズンにしてくれよな。

ここまでの成績。
7勝20分20敗、勝ち点41、順位11位(13チーム中)
[PR]
by tbum3396 | 2007-11-25 17:20 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)