J2第47節、福岡対草津、2-1。

昨日は、ザスパークにてTV観戦をしておりました。

結果は、残念ながら1-2で惜敗してしまいまたもや連勝とはいきませんでした。

しかし、福岡相手に前半は良く戦っていたと思います。なぜこれが毎試合出来ないのか不思議
でしょうがないです。中盤で出足良くボールを奪って前線に供給する展開が小気味よいほど決
まっていました。そんな中、前半の27分、松下からのフィードがカレカに繋がり、カレカが中に
折り返すと走りこんできた選手が思い切りよくシュート!!

GOAL!!!
決めたのは松下選手です。いや~強豪・福岡から先制点を奪いました。

古巣相手に恩返しのゴールです。ビューティフルなゴールにザスパークの盛り上がりも最高潮
です。

しかし、これで油断が出来たのではないでしょうが、その僅か4分後に福岡の攻めに前にPA内
で藤井が思わず手を出してPKを与えてしまいます。福岡・リンコン選手が蹴ったコースに炎の
守護神・本田が横っ飛びで阻止しようとしますが残念ながらネットを揺らしてしまいます。

これはあまりに痛い。前半を1-0で折り返していればその後の展開も変わっていただろうに残念
な失点となってしまいます。それでもなんとか前半を1-1で終わることが出来て後半に望みを託
します。

後半が始まると前半の動きに比べて明らかに運動量が落ちてきます。こうして前線と中盤の間
にスペースが出来てくると福岡のペースになってきます。相手の攻撃を跳ね返してもセカンドボ
ールを拾われて波状攻撃を受けます。こうなってくると失点するのは時間の問題となり後半の
31分、耐えてきた草津DF陣に綻びが出来てしまいます。

CKからゴール前の駆け引きでマークがずれて福岡・川島選手がノーマークでヘッドでボールを
叩き込まれ勝ち越しを許します。中央でぽっかり空いたスペースにどんぴしゃで合わせられて
ジ・エンド。草津の反撃もむなしく試合終了。

ゴール前に聳え立つ天空覇者・チカがいればなぁと思ったのは私だけではないでしょう。
(まぁ相手もアレックスがいないと言う状況で条件は同じですけどね)

スクランブル体制のCB鳥居塚が入った3バック(実質5バック)という戦法を取った草津でしたが、
いかんせん真ん中の壁が高くないので喜多選手を使うというオプションは無かったのでし
ょうか?まぁ来期に向けて大基を実践で経験を積ませたので良かったとしましょう。

今回の試合は、今まで志向してきたポゼッションサッカーとは違いましたが、小気味よい試合
になり久しぶりにわくわく出来たのは良かったですね。相手によって柔軟に戦法が変えられる
ようになればより高いサッカーができるような予感があった試合といえるのではないでしょうか。

次は松本に場所を変えて東京Vと対戦です。どんな試合を見せてくれるのか楽しみにしていま
す。いかにして好調東京Vの攻撃を食い止めるか?フッキを止めるのは誰なのか?

残り試合も少なくなり順位も目標には達しないけれど諦めずに目前の試合に集中していって
もらいたいですね。 ~共に闘おう!俺達がついてるからな~
[PR]
by tbum3396 | 2007-10-25 20:40 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)