J2第33節、京都対草津、1-1。

このところ上昇のきっかけを模索している草津にとって今回の京都戦は試練のアウェーとなる
ことは十分予想ができました。とにかく結果が欲しいのだが焦れば焦るほど逆の目が出ている
ような気がしていた。その悪い流れを何とか断ち切って欲しいと祈らずにはいられない。

今日もザスパークにてTV観戦です。スタメンは、FW氏原、高田、MF櫻田、鳥居塚、松下、秋
葉、DFチカ、尾本、佐田、寺田、GK本田。サブは、FW松浦、カレカ(!)、MF山崎、DF藤井
GK北。

一番のビックリは、カレカがサブに入っていることでしょう。前節で全治2ヶ月のケガをしているは
ずですが、大丈夫か?彼のような選手が今のザスパ草津には絶対必要だとは思いますが、
無理をしてさらなるケガでもしたら・・・。ガクブルな状況です。

試合開始から積極的にボールを支配する草津は、前半11分にCKからチャンスを作り、チカの
ヘッドが炸裂したがゴールポストに嫌われるも鳥居塚が押し込み先制か!と思われたがまたし
てもポストに嫌われてノーゴール。点が入らなかったことで今日も最大の見せ場だったかと心
のどこかでネガっている自分がいました。orz

櫻田が高い位置にいて攻撃はなんとか形を作っていましたが、DFは相変わらず最後の詰めが
甘く再三のピンチを招いてしまいます。特に尾本がペナルティーエリア付近でファールを犯すと
冷や汗が出ます。今日は幸いにも相手の精度不足に助けられて失点はしませんでしたが、そ
れも時間の問題かと思っていました。

しかしなんとか踏ん張り、後半の30分まで耐えてきましたが一瞬の隙を突かれて途中出場の
相手FWアンドレに突破を許し、GK本田がボールに触るも無常にもネットを揺らします。いつもの
草津ですとこれで気持ちが切れて失点を重ねてしまうのですが、今日は違いました。

我らがエース高田がゴール前の混戦からこぼれたボールをダイビングヘッドでゴールネットを揺
らし同点をとします!!!久しぶりに沸くザスパーク!あとはイケイケで追加点を取れば京都
から初の勝ち点3が!しかし残念ながら双方ともに追加点が取れず1-1のドローに終わりました。

惜しいシュートが入っていれば勝っていたかも知れませんが、このところのチーム状況では
アウェー・上位との対戦での引き分けで良しとしなければいけないでしょう。問題はこの勢いを
なんとか持続していくことが大切です。今シーズンは一定のパフォーマンスをコンスタントに
出せなくホーム戦で惨敗というパターンが多いのでぜひとも次節は気持ちの入った試合を期
待しています。がんばれ!俺達がついてるからな!
[PR]
by tbum3396 | 2007-08-13 07:23 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)