J2第21節、草津対東京V、0-0。

東京Vは強いのか?弱いのか?

草津は今季の開幕戦を聖地・国立競技場で東京Vと対戦した。Jリーグ3年目となる今季は、今までと違うものになるはずであった。しかし我々が見た試合は、0-5という惨敗に終わってしまった。今シーズンも下位で最下位争いを演じるのか?不安に駆られるシーズン開幕となったのだ。

その後、草津は自信を取り戻し第1クールを望外の中位グループに位置することが出来た。対する東京Vは、順調に勝ち星を重ねトップに躍り出るかと思われたが、まさかの7連敗で失速。その後、持ち直して上位を窺う位置まで上ってきたところ。今節も当然、勝ち点3を取るつもりで敷島に乗り込んできたはずだ。

今日の布陣は、GKは炎の守護神・本田、DFは、鳥さん、チカ、藤井、MFは、櫻田、秋葉、渡、桑原、FWは高田、松浦の2トップ。控えは、GK常澤、DF尾本、MF松下、FW正美、後藤。

対する東京は、フッキ、ディエゴ、広山、名波、大野など豪華メンバーが名を連ねています。今日のポイントは、東京Vの強力攻撃陣をいかに草津DFが食い止めるかにかかっていました。

しかしお互いに攻め込む時間帯はあったものの最期のシュートが決まらずスコアレスドローとなりました。正直、勝ち点1が取れてホッとしたところでしょうか。東京Vの攻撃は流れるようなボールの動きから外人選手を経由して草津ゴールに攻めかかりますが中央からの攻撃になりがちで草津DF陣も人数をかけてゴールを守ります。あまり精度のあるクロスが入ってこなかったので草津としては助かりました。

草津は、攻撃に移る際にボールをなかなか前に進めることが出来ず相手プレッシャーによりムダにパス交換をしたり、横パス、バックパスが多くなります。そうするとせっかくボールを奪うことに成功してもすばやくボールを前に動かすことが出来ずフリーの選手をうまく使うことが出来ません。対して東京Vは、流れるようなパス交換から何度も草津選手を翻弄します。ここら辺が実力の差といったところでしょうか。

CKからの攻撃も単発に終わることが多く、セカンドボールを狙う選手がいないのでセットプレーから即ピンチになることもあります。最後はきっちりシュートで終わらないといけません。守備はだいぶ良くなったと思いますが、攻撃に課題が残る試合でした。(今日もイエローカードを4枚も貰っていますけどね)すぐに改善することは難しいですが、これからの建て直しに期待してます。

次節は、17日(日)に福岡と対戦です。厳しい戦いが続きますが選手のみなさん!がんばって下さい。なんとしても勝ち点ゲットですよ!!
[PR]
by tbum3396 | 2007-06-15 06:18 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)