J2第20節、徳島対草津、スコアレスドロー。

同期昇格の徳島と草津。これまでも何度も痛い目にあっていますが、10位と11位の直接対決
で負ければ順位が入れ替わるという大事(?)な試合です。本日はザスパークにてTV観戦です。

ザスパークに設置された応援自動販売機で飲み物を購入し、少しでもチームにお金が入るこ
とを期待して小さいことから実践です。お仲間と合流して試合に備えます。

スタメンは、チカ、藤井の両CBに吉岡、鳥さんの両SB(!)、秋葉、櫻田の2ボランチ、山崎、高
田、FWに氏原と松浦。登録からすると2-5-3の布陣です。実質2バックで2-6-2とも見れます。

今日の吉岡はJデビューを無難にこなし、時には良いクロスを上げて今後の活躍に期待できそう
です。佐田選手のケガによる離脱も吉岡が使えそうなめどが立ったのでなんとか凌げそうな予
感です。(経験を積んでレギュラー奪取してもらいたいものです)

試合の方は、徳島の出足の鋭い守備にまともに前を向いてプレーが出来ず、我慢の展開が続
きます。何度も相手にチャンスを作られますが、相手の精度のなさに助けられ無失点で切り抜
けることができました。こうなるとミスやPA付近でのファールは禁物ですが、何度もPA付近で
ファールを侵し、FKからピンチを迎えます。(心臓に悪いからやめて下さいね>選手のみなさん)

松浦が抜け出してキーパーと1対1でのシュートは惜しかったですが、惜しむらくは他の選手の
フォローが無く単独の攻撃になってしまったことです。松浦が抜け出したときに逆サイドを走る
選手がいればなぁ・・・。orz

後半に入ると相手中盤が間延びしたせいかパスが繋がりよい形での攻撃が出来るようになりま
すが、最後のシュートがなぁ。山崎選手がもうちょっとという場面もありましたが得点には至らず。

その後半23分に山崎に代えて桑原、34分には松浦に代えて後藤と矢継ぎ早に交代枠を使っ
てくる植木監督。そして41分には3人目の尾本を吉岡に代えて投入。

しかし魔の44分、相手PKからのクロスにチカがヘッドで跳ね返したところでプレーが中断。何
事かと思ったら氏原にレッドが出て一発退場。徳島にPKが与えられます。草津に絶体絶命の
ピンチが訪れます。

キッカーは徳島18番の羽地選手。立ちはだかるのは我らが守護神・本田選手。運命のキック
は本田が見事に防いでザスパークは歓喜の嵐!!!沸き起こる本田コール!!徳島に神降
臨ですよ。こうして負け試合と思われたのをなんとか勝ち点1をゲット!勝利は出来ませんでし
たが、最低限の仕事は出来たのではないですかね。次節は、今度の水曜日に敷島にて、あの
東京Vを迎えての一戦です。勝利を信じて応援しましょう!
[PR]
by tbum3396 | 2007-06-11 00:14 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)