天皇杯3回戦、草津対FC岐阜3-0。

試合終了後、挨拶に訪れた草津イレブンにサポーターからブーイングが湧き上がり、そして
拍手でイレブンを祝福した。今日の試合は、開始1分の高田選手のゴールで幕を開けついで
5分にも高田選手がゴールを決めてJで戦うチームの意地を見せつける。

しかしその後は一進一退からFC岐阜に押し込まれる展開が続くとサポーターからJのチーム
の意地を問う声も出る。結局前半は追加点を奪うことが出来ずに2-0で終了。後半に期待を
繋ぐ。

その後半もFC岐阜の攻撃を受けて守勢にまわる我等が草津。何度も草津ゴールを脅かされ
るも相手の決定力不足に助けられてなんとか無失点に抑えることが出来た。82分にまたもや
高田選手の3点目が入ると試合の行方はほぼ決定した。

正直な話し無失点に抑えることができて良かったものの、試合の展開はサポの満足のいくも
のではなかった。それが冒頭のブーイング、そして拍手となったわけである。もっと圧倒的に
勝ってもらいたかったのが本音だが次の4回戦に向けて選手のみなさんは頑張ってもらいた
いものです。

FC岐阜の4番DFの選手は、去年徳島にいた小峰選手か?最終ラインで草津の攻撃をうまく
抑えて仕事してました。まだまだ枯れていないようでまたJで活躍してもらいたいものです。

来週はリーグ戦対鳥栖戦ですが私は残念ながら仕事のため欠席です。(ホーム戦で初の欠
席かも)同士のみなさん応援よろしくお願いします。

f0035443_1733634.jpg


f0035443_175086.jpg


最後に草津サポーターからFC岐阜コールをして健闘を称える。これから戦う地域決勝大会で
は一時も油断できない苦しい戦いになるとは思いますが、勝ってJFLそしてJでまたお会いしま
しょう。がんばれFC岐阜!応援するすべてのサポに幸せアレ!!
[PR]
by tbum3396 | 2006-10-08 17:12 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)