'16,J2、第40節、群馬対山口、2-0。

今節は、山口を迎えての一戦。

J2残留に向けて一歩抜け出したと思っていましたが、終盤の3連敗で雲行き
が怪しくなって来ました。

ここぞという時に力が出ないのは仕様なのであれですが、最下位相手に冷静
さを欠いて敗戦とはなんとかならないでしょうか?

そして今節のレノファ山口は、今季J2に昇格し旋風を巻き起こして快進撃を
見せた強敵です。後半戦に入ってからは勢いは落ちているようですが、群馬
にとって難敵であることに変わりはありません。

さて試合は、前半は風下に立った群馬が山口に押し込まれます。しかしホーム
の意地を見せた群馬が得点を許しません。

後半は、風を利用したいところですが弱いなぁ。地の利を生かせないのはいつも
のことですがね。それでも球際の激しさと運動量で技術のなさをカバーしなけ
ればなりません。

相手が前掛かりに来ているときほどカウンターが生きて来ます。

そして歓喜の瞬間は後半開始早々の7分、山岸→中村→高橋とつなぎ高橋の豪快
なシュートがゴールを揺らします。

しかしリードはたったの1点。これまでの群馬を考えると絶対的なリードとは言え
ません。ヒリヒリとした攻防が続きますが待望の得点はまたしても群馬。

ロングボールに反応した瀬川が上手いターンと相手DFと体を入れ替えてゴールに
一直線に襲いかかります。そして狙いすましたシュートがまたしてもゴールネット
を揺らし待望の追加点です。

これで少しは安心できますが、試合終了のホイッスルが鳴るまで油断は出来ません。

そして長いアディショナルタイムが過ぎ試合終了。

2残留を決めた瞬間でもありました。

この時を待っていた観客の大歓声がスタジアムに上がります。

今季の苦しい戦いが、ちょっとだけ報われた瞬間でもあります。

しかし、我々の目標はJ2残留ではなかったはずですし、少しでも上を目指して残り
の試合を戦って行って欲しいものです。

残り2試合は、消化試合とならないよう有終の美を飾るつもりで臨んで欲しいと思います。

最後に体を張った守備で勝利に貢献した坪内を管理人は本日のMVPとしたいと思います。
(もちろんゴールを決めた高橋・瀬川も☆三つあげたいと思います)

現在の順位(22チーム中)

15位(↑) 勝ち点44 11勝11分18敗 得失差-11


[PR]
by tbum3396 | 2016-11-12 13:16 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)