'16,J2、第20節、群馬対札幌、0-1。

ホームに札幌を迎えた一戦。

尻に火が付いた我らが群馬は、負けると最下位もちらつく危険な
水域に入り始めています。

これからの一戦一戦が、とても大事になってくるでしょう。

そして首位を走る札幌の攻撃をどのように防ぐのか?

少ないチャンスをいかにものにするのか?

これがすべてと言ってもよいでしょう。

さて試合の方は、前半のピンチも相手の精度やポストに助けられて
0-0でなんとか凌ぐことに成功。後半に期待がかかります。

しかし、後半も風上に立つ札幌の猛攻をなんとか凌いできたが70分
にシュート性のクロスに反応した札幌・ヘイスにヘッドを決められ
て失点。結局、これが決勝点となり敗戦。

瀬川の頑張りとか、交代で入った永井のラストシュートとか一つでも
決まっていればというところですが、プレーが精度を欠き得点に至る
ことはありませんでした。

首位相手に奮闘したものの勝ち点を積み重ねることは失敗。

順位は変わらかったものの勝ち点差は僅かとなり、降格争いが激しく
なってしまいました。

これからも我々もしびれる戦いが続いていくことでしょう。

ある意味、面白いとも言えるシーズンをこれからも楽しんでいきましょう!
[PR]
by tbum3396 | 2016-06-27 00:01 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)