'16,J2,第19節、長崎対群馬、2-2。

今節もネットでの結果のみ確認。

苦手、長崎相手に2-2で引き分け。

先制点を上げて前半をリードして後半に臨むも同点、そして逆転弾を
浴びて、もうだめかと思われたが、松下のロングシュートが弾かれた
ところを瀬川が詰めていて同点弾を叩き込み、試合は引き分けとなる。

松下のプレーが起点となっての得点がうれしいねぇ。

勝ちたかったのは山々ですが、アウェーで勝ち点を上げることが出来
たのを良しとしなければいけません。

早いもので今シーズンも折り返し点が近づいてきましたが、目標のJ1
には遥かに及ばず、降格圏争いに巻き込まれている現状。

その中で現有勢力で出来ることを一生懸命にやり続けることが一番の
薬だと思います。ブレることなく前に進んでほしいと心より思います。

次は好調・札幌との一戦です。厚い守りとボールを奪ってからの早い
攻撃。それにどう対抗していくのか?後手に回るようでは勝つことは
難しいでしょう。

前掛かりで攻め込むと相手のツボにハマってしまう危険があります。

事前に準備したものと違う展開になった時の応用力が試されるでしょう。

果たして、その力が群馬にあるのか?興味は尽きません。

久しぶりの生観戦となりますが、選手たちの必死さが伝わってくるような
試合になってくれることを祈っています。
[PR]
by tbum3396 | 2016-06-21 22:51 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)