'16,J2第6節、水戸対群馬、0-1。

今季初アウェーは、北関東の雄「水戸ホーリーホック」との一戦。

北関東自動車道で2時間余りで着いてしまう本当に身近なスタジアムです。

だがしかし、K'sデンキスタジアムでは未だ未勝利という群馬にとっては
鬼門とも言うべき場所なのです。

そして試合の方は、ロングボールの処理にもたついた隙をつかれて失点。

CB2人が付いていながら、失点というありえない展開にいやな予感が漂い
案の定、攻撃が手詰まり感満載で何のわくわくも感じることが出来ません。

後半に瀬川が入ってから活性が上がりましたが、ベンチスタートさせる
意味がわかりません。

負けが込んでいるせいでしょうか、チームに前への推進力がありませんね。

悪い時の癖でボールが後ろで横にしか動きません。また、縦へのパスや
クロスの精度が悪く、相手の早いチェックに攻撃がノッキングしてしま
います。

水戸の攻撃のほうがロングボールを放り込んでゲームを組み立てていた気が
しますが、チャンスメークは群馬より出来ていた気がします。

結局、開幕2連勝の後は、4戦未勝利と完全に開幕ダッシュに乗り遅れてしま
いました。このままズルズルと順位を後退させていくようですとシーズン終盤
での降格争いに飲み込まれてしまいそうです。

(まだ6試合しか消化していないのにシーズン終盤の心配をするようでは・・・。)

群馬もチャンスが無かったわけではありませんが、最後のフィニッシュに問題
がるのは明白な事実だと思います。ちょっとした差が明暗を分けた訳ですが
水戸の選手が群馬の選手より勝利に対する気持ちが強かった気がします。

この結果を踏まえて、この試合の分析と次節への備えを怠りなく準備して欲しい
ものです。(多分、答えが出ていながら対応が出来ないのが問題なのでしょう)

毎年、水戸からの帰り道、気が重いのは早く勘弁して欲しいものです。orz
[PR]
by tbum3396 | 2016-04-03 18:13 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)