'15,J2第18節、群馬対岡山、1-1。

前節の大敗から不安の残る試合でしたが、先制されながら
吉濱の一撃でなんとか引き分けに持ち込むことが出来た。

メンタル面の不安は、試合直後から払拭されるが決めきれ
ない悪い癖は治らない。まぁ、代表でも同じことがあるの
だから仕方がないことなのかも。

前節から先発を入れ替えて臨んだ一戦は、攻撃の意識が高
く何度もチャンスを演出するが、最後のフィニッシュやク
ロスの精度に問題があり得点には至らない。

攻めているんだけど得点に至らないとミスが命取りになる
ことがあるもんだと思い始めた矢先にパスミスから逆襲を
受けて失点。

しかし早い時間の失点は、挽回できるはずと信じていたが
久しぶりの先発で鬱憤を晴らすかのように吉濱が意地の同
点弾!江坂との連携は良いなぁ。

これで調子に乗った群馬は、逆転に向けて猛攻!の予定で
したが、最後まで岡山のゴールをこじ開けること叶わず、
ドローに終わりました。

前節に比べ格段に改善されたと感じましたが、大事なのは
自分たちのサッカーをやりきることではなく、相手の戦術
に合わせて柔軟に攻め手を変化させることではないでしょ
うか?

試合の前に対戦相手の分析を行い、ゲームプランを立てる。
当たり前ですが、それが通用しないときがあります。その
ときプランBを選手がピッチで表現できるのか?

ベンチが選手交代でピッチに明確なメッセージを送れるのか?

今節は、ある程度それが出来ていたように見えました。しかし
勝利までは至りませんでした。

苦しい戦いが続きますが、少しでも引き出しが増えて勝利の
雄たけびを上げられたら嬉しい限りです。

次節は、北関東ダービーの王者・水戸先輩です。

何故か水戸先輩には勝てない気がするのは私だけではないでしょう。

天気も不安がありますが、そんな不安を一蹴する試合を希望いたし
ます。
[PR]
by tbum3396 | 2015-06-21 10:55 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)