’14、J2第40節、群馬対磐田、1-1。

前節の湘南戦で叩きのめされた我らが群馬。

今節、対戦するのは、あの「ジュビロ磐田」です。

名門です。ハッキリ言って普通に強いです。

FWに前田がいます。DFとの駆け引きが抜群です。

何度もボールを呼び込む動きを繰り返します。群馬の選手も見習って
下さい。FWの鏡です。ハイ。

前半から相手の分厚い攻撃に何度も危ない場面がありましたが、なんとか
凌いでいたが、33分に先制を許してしまう。

それでも後半に加藤のシュートが決まり同点となると終盤に見せ場を作る
ことまではいきましたが、勝ち越すことは出来ませんでした。

もうちょっとのラッキーがあれば、あるいは歓喜の逆転を見ることが叶う
かも知れないと予感される試合でした。いや~、おもしろかった。

ただ、こういう試合がシーズン序盤から出来ていれば、あるいは上位に食
い込めた気がする。毎年のことだがチームの熟成に時間がかかり過ぎる。

来シーズンは、また初めからやり直しになるのが辛い。
[PR]
by tbum3396 | 2014-12-31 22:31 | ザスパクサツ群馬