Jリーグ人事によせて

Jリーグの人事が決まったようで、こんな記事が出ていました。

Jチェアマンに鬼武氏 専務理事には犬飼氏

 サッカーJリーグが、次期チェアマンに鬼武健二専務理事(66)が昇格するなどの次期新体制を固めたことが23日、分かった。鈴木昌チェアマン(70)は任期満了に伴い退任する。後任の専務理事にはJリーグ1部(J1)浦和の犬飼基昭社長(63)が就任する。同日午後の理事会で内定し、7月の総会、理事会で正式決定する。
 犬飼氏はJ1浦和の社長を退任。後任社長には藤口光紀取締役(56)が昇格する。
 鬼武氏は旧日本リーグのヤンマー(現C大阪)監督、J1のC大阪社長、会長などを経て2004年にJリーグ専務理事に就任していた。三菱自動車出身の犬飼氏は02年に浦和社長に就任。強豪クラブへの礎を築いた。

この記事の中で私の注目は浦和社長になる藤口さんです。氏は群馬県出身でもっと言うと私
と同郷の人です。そのためサッカーに興味が出た、うん十年前からお名前は存じておりました。

ザスパ草津がJFLからJを目指すといった時に県庁で行われた座談会で藤口さんも出席されて
いたと記憶しています。そのときは「まだJに上がるのは時期尚早。もっと地力をつけてから」
といった発言があった気がします。現実は、その通りになっているような・・・。orz

Jリーグに出向されて浦和に戻っているとお聞きしていましたが浦和の社長さんとは凄いことで
すね。出来れば故郷のJ2チームのために、ここはご協力いただければ大変うれしいのですが
いかがでしょうか?(トップチームの陰で埋もれている選手などいましたら、ぜひレンタルなど
していただけると助かります)

いずれにしても浦和というビッグネームの社長さんに、ご就任おめでとうございます。
[PR]
Commented by miu at 2006-05-23 15:43 x
߂܂ā
RC܂܂ȃLoł
ЂƂ茾̑uOłɗĂȁ
by tbum3396 | 2006-05-23 17:32 | ザスパクサツ群馬 | Comments(1)