'14,J2第12節、群馬対山形、1-1。

前節・千葉戦をまさかの逆転劇で黒星を喫した
我らが群馬。

今節ホームに迎えるは、山形。

連敗を重ねるチームにとって強敵を迎える訳だが
弱気になった管理人は

勝てる気がしねぇ!!

なんて思っていた訳です。

試合の方も危ない場面をなんとか凌いでいた群馬
でしたが、前半の27分。

群馬ゴール前で山形・ディエゴにボールが渡ると
打って下さい!とばかりにポッカリとシュートコース
が空いてしまい、しっかりと決められてしまいます。

あぁ、今節もダメなのか・・・。

それでも前半をこの1失点で凌ぐと後半11分には
青木(孝)→野崎を投入。

逃げ切りを図る山形は、後半18分に川西→萬代へ
スイッチ。萬~!お礼弾はいらいよ!?

すると攻勢を強めたい群馬は、後半28分と34分に
永田→横山、青木(良)→大津と早々と交代枠を使
い切り、まずは同点を狙います。

チャンスは作れるが得点には至らないモヤモヤする
時間帯がただ過ぎて行きます。

これまでなのか?7連敗だけは避けたかったのに・・・。

山形は、後半終了間際にもう一枚の交代枠を使い
時間を稼ごうとしています。

90分が過ぎ。アディショナルタイムは4分。

もうダメなのか?7連敗は免れないのか?

おっと、うまく左サイドの瀬川にボールが出たぞっ!

サポの歓声と行け~という叫びがスタに響くと

クロスが上がり

飛び込む選手がっ!

ゴール!!!

なんとルーキー大津の渾身のヘッドがさく裂し同点!

盛り上がるスタ!

まるで勝ったかのような騒ぎ。(同点になっただけですが)

そして試合終了。

なんかキーパー・内藤が泣いているのか?

うちのチームで唯一鍛えられるのはGKなんだよ。

悔しい思いをたくさんして、みんな成長していくんだ。

がんばれ!内藤!!

俺たちがついてるぞ!!

なんとか連敗だけはストップしたが、大事なのは次節も勝ち点
を奪うということ。

唯一の心配は、初モノにめっぽう弱い我らが群馬が讃岐相手
に昇格後の初勝利をプレゼントしないかということ。

そんな心配が杞憂に終わることを信じてるからな。

相手が誰であろうと関係ねぇ。全力でぶつかってくれや!

必死な奴だけがご褒美にあずかれるんだからな。
[PR]
by tbum3396 | 2014-05-11 00:57 | ザスパクサツ群馬