’13、J2第42節、群馬対G大阪、1-1。

今さら更新Part3。

今節が13シーズンの最終戦、王者G大阪との一戦。

代表に呼ばれていた遠藤、今野は休養のため出場はなし。

それでも満員の敷島で気合のこもったプレーでシーズンを
締めくくって欲しいものだ。

序盤の展開は、我慢の時間が続く苦しい展開に。

これは想定した通りの展開だが、一向に攻めの手がないのは
如何なものか・・・。王者相手に仕方がないと言えば渋々納得
だが。

後半もやはり防戦は続く、スローインから簡単にディフェンスを
崩されて失点。やっぱうまいねぇ。

それでも我らがチームは徐々にペースをつかみ、ようやく後半の
42分にロビーニョのシュートのこぼれ球をエデルが押し込み同点。

一気にボルテージは上がったが、勝ち越すことは出来ずまたしも
ドロー。王者相手に善戦とするのか・・・。

いずれにしても消化不良の13シーズンは終了し、試合後には今
シーズンをもって引退する櫻田のパフォーマンスがあり~の、万感
の想いを持って、また草津時代を知る男がチームを去った。

13シーズンの成績

22チーム中 20位

勝ち点 40 9勝13分20敗

来季の巻き返しを願う。
[PR]
by tbum3396 | 2014-01-17 13:00 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)