'11,J2第29節、草津対大分、0-0。

サッカーは難しいもんだね。

前半から大分に押されっぱなしだった我らが草津。

それでも前半を0-0で凌ぐと後半の4分にゴール前の混戦から最後は
御厨のシュートが決まり1-0と先制!

しかし、これで終わらないのが我らが草津。

残り時間も、あとわずかとなると攻撃のスピードが落ち(別に時間稼ぎじゃ
ないと思うが・・・。)シュートを打てなくなる。

こうなると地力に勝る大分に圧倒されるのは当然の結果。

疲労困ぱいの選手に代えて誰か出してくれ~!の願いも虚しく、右からの
クロスに最後はイドンミョンに同点弾を叩き込まれて勝ち点2がフイになっち
まったい。あっ~!

そこから熊と今日の調子が今一の後藤を交代させたけど、引き分けに持ち
こめて良かったいね。Orz

最近の監督は、なんだか後手を踏むのが多くないかい?

まぁ、駒が少ないからと言われれば、そうなんだけど・・・。

シュート数が大分20に対して草津は僅かに9。

防戦に追われて余裕がなかったなぁ。素人目にも追いつかれるんは時間の
問題だったね。こんな時こそ後ろで繋いで時間を稼ぐのどうですか?消極的
過ぎますかね?前線でキープしとくのが定石と思いますが、ボールロストが
多すぎて時間稼ぎが出来ないしね。

どうしましょう?>監督
[PR]
by tbum3396 | 2011-09-23 18:58 | ザスパクサツ群馬