'10、J2第26節、草津対岐阜、2-1。

このところの不調が尾を引いていないかちょっと不安を感じながらの観戦でしたが
なんとか逆転での勝利で勝ち点3をゲットすることに成功!

前半は、一進一退のシーソーゲーム。お互いに決定機をGKがファインセーブで
ゴールに鍵をかけると難しい展開になりました。草津は一度は先制!かと思われ
たプレーも無情にもノーゴールの判定。

こうなるとなかなか点が入らなくなるもので、それでも前半を0-0で折り返せれば
と思っていたのですが、岐阜のスピードのあるカウンターが綺麗にはまり一旦は
跳ね返すもこぼれ球を押し込まれて失点。

GK常澤の無念さが大きなアクションになるのを見て、集中を切らさないでくれよ!
まだまだ後半勝負!と心で叫んでおりました。ハイ。

後半に入ると副島監督は、高田→菊池投入と早々とカードを切ってきます。これが
前線の活性化を呼び次々に岐阜サイドに侵入して岐阜ゴールを脅かします。

すると岐阜DF陣はたまらなくファールを犯し、いい位置でのFKを得ます。これを蹴る
のは熊林。相手GKの癖を完全に読んだボールはGKもろともネットに吸い込まれます。

GOAL!ビューティフル!もう完璧な一撃で同点とします。

すると今度は、熊林からのパスを受けたラフィーニャがすぐさま逆転弾をゴールに決
めてスタジアムは熱狂の渦と化します。

その後は、攻めたてる草津に防戦一方の岐阜といった展開から、岐阜は退場者まで
出てしまい苦しい展開になる。しかし草津も攻めたてるのですが追加点を奪うことが出
来ずアディショナルタイム4分も無事(?)経過し、久しぶりの勝利となりました。

やれば出来るじゃないですか!?佐田、櫻田の両名を欠きどうなる事かと思いましたが
山田や後半出場の菊池らの勝負!勝負!の攻める姿勢に可能性を感じる試合でした。

それに引き換え、もう一人の若武者には物足りなさを感じざるを得ません。まだまだ修行
が必要なのではと思う次第です。がんばれ!必死にがんばれ!

勝利の喜びにずっと浸っていたいのですが、残念ながら次の試合が木曜にはやってきて
しまいます。連勝に向けて(天皇杯のリベンジを)準備を怠りなく!

現在の順位

16位(19) 勝ち点26 7勝5分12敗 得失差-13 

f0035443_23254855.jpg

















f0035443_23262114.jpg
掲示版の画像を撮っていたら
















f0035443_23273445.jpg
すぐさま追加点!
















f0035443_2328624.jpg
熊林からのパスを見逃してるし
















f0035443_2328414.jpg
みんなの笑顔がいいね

















f0035443_23291471.jpg
[PR]
by tbum3396 | 2010-09-20 23:36 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)