J2第37節、徳島対草津、1-1。

連敗を止めたい徳島対草津の試合は、お互いに勝ち点1を分け合う形で今シーズンの
対戦を締めくくり、対戦成績を1勝2分とする。

試合開始直後から徳島ペースで押し込まれる展開となった我らが草津は中盤で相手の
素早いチェックと激しいあたりに得意の形が作れず、ロングボール主体のカウンターで
応戦といった不本意な形で試合を進める。

苦しい展開から前半の27分に都倉がロングボールを相手DFと競り合いに勝ち、ボー
ルを後藤に預けてからパスもらい抜け出すとフェイクを入れてDFをかわしシュート!
するとゴール右隅に奇麗に決まる。ゴール!071.gif

これで勢いに乗るかと思われたが試合を支配していたのは徳島だった。再三のピンチも
DF陣とGK本田の活躍で前半を1-0でリードして終了。

後半に入ってすぐ徳島は後半の10分に柿谷→徳重、20分には羽地 → 石田と今まで
散々痛い目に逢っているメンバーを投入してくる。

対する草津も後半の14分に山崎→廣山、22分には熊林→高田と矢継ぎ早に交代枠を
使ってくる。しかし攻勢を強める徳島に徐々に追い詰められる草津は再三のピンチを必死
のセーブでゴールを守る。(CKから本田が飛び出し混戦からシュートを打たれるもゴー
ルを必死で守る>心臓に悪いよ~。)

しかし何本も良いクロスがゴール前に供給されるようになると耐えきれずに36分、左サイ
ドからのクロスをダイレクトに徳重に決めれて同点とされる。007.gif

ここから我慢の展開になるが徳島が37分に佐藤 → キム、草津が後藤 → 佐藤と最後の
交代枠を使って1点を取りに来るがお互いに決め切れず1-1のドローとなった。

アウェーで勝ち点1をゲットしたことを素直に喜ぶとしよう。負けてもおかしくない展開だった
なぁ。次節の巻き返しに期待しよう!

現在の順位

12位 勝ち点43 11勝10分16敗 得失差-5
[PR]
by tbum3396 | 2009-09-02 22:28 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)