J2第27節、草津対甲府、1-2。

またしても草津はホーム敷島で勝利を上げることが出来ませんでした。

草津は、前半の8分にゴール前での混戦から最後はDFダニエルに決められ痛い先制を許して
しまいます。これまでの草津は、先制を許すと勝利はもちろん勝ち点を上げることさえままなら
ない実績からすると、あまりにも早い時間での失点に管理人の気分を暗くしてしまいます。

しかし時間は、まだたっぷりとあります。選手たちは決して試合を諦めることなくなんとか同点に
そして勝ち越しするべく必死にピッチを駆け回ります。

パスをつなぎ緩急をつけてなんとか相手陣形を崩してゴールを狙います。が、なんて言いましょ
うかゴール近くまでボールを運ぶのですがシュートまでこぎ着けることが少ないのです。

そして前半をなんとか0-1で折り返して後半に期待していたのですが、草津サポが目撃したのは
後半の6分左サイドを崩された草津はクロスに反応した甲府・FW森田にやすやすと追加点を献
上してしまうシーンでした。

これでますます勝利や勝ち点を奪うことが苦しくなった草津は、その3分後に奇麗なワンツーから
都倉がゴールを奪うも反撃もここまで。後藤→小池、佐田→高田、櫻田→山崎と3枚の交代枠を
すべて使うが甲府に対し有効な一手とはならず敗戦となりました。

振り返ると甲府の選手は次々と草津ゴールに殺到するのに比べ、草津の攻撃では人数が足りず
クロスの先に走り込む草津の選手がいなかったりと残念な場面ばかり目についてしまいました。

また攻撃の場面でパス交換で相手を揺さぶるのは分かりますが、最後はきっちりとシュートで終
わって欲しかったですね。見ている方もそうですから。やってる選手たちもそう感じていたのでは
ないでしょうか?

先制を許した場面でも相手DFにゴール正面からシュートを打たれるのはいかがなものかと思い
ます。DFの人数がそろっていただけに悔やまれる失点でした。まぁ2点目は奇麗に崩されての
失点だったので相手を褒めるしかないでしょう。大勢の甲府サポの目の前での得点に湧きかえる
ゴール裏が悔しかったですね。

交代にしても佐田に代えて高田の場面でSBに廣山が入りましたが、自慢の中盤を自ら放棄した
ように感じたのは管理人の思いすごしでしょうか?疲労の重なるベテランを運動量が求められる
SBに起用するのは??な感じを受けました。

また櫻田に代えて山崎を投入も同じような感じを受けてしまいました。投入後の山崎がいかなる
仕事をしたのか印象がないのはなぜでしょうか?

いずれもサッカー素人の管理人が感じたことなので単なる戯言に過ぎませんが、愚痴の一つも
こぼしたくなるような試合でした。

それでもクラブの心意気に惚れて栃木戦のアウェー観戦を申し込んできてしまう自分は一体・・。

今日も愛するクラブの行く末を心配しながらblogの更新をしています。

がんばれ!がんばってください!がんばれるよな。頼むよ本当に。

PS クラブ運営に対しあまり言いたくないのですが、アウェーバスの申込ひとつ気持ちよくできん
   のは本当に情けなく感じます。担当以外に対応してはいけない規則でもあるのか!?と小1
   時間、文句を言いたくなるのをじっと我慢しているのは精神衛生上よろしくない、と一言。

現在の順位

10位 勝ち点34 9勝7分11敗 得失差0
[PR]
by tbum3396 | 2009-07-14 00:11 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)