J2第25節、草津対徳島、1-1。

1対0で迎えたロスタイムに悲劇は起こったいね。

90分間を1-0でリードしながらロスタイム4分のうち残り2分まで時計は進んでたいね。

左サイドのからのクロスに途中出場のファビオがゴールを奪い試合をドローに持ち込んでタイム
アップ。

同期昇格の決着はドローに終わった。

ゴールが決まりへたり込む草津の選手たち。おいおい試合は終わっちゃいなぜ。

へたり込んでる暇があったらゲームを進めるべく次の得点を狙うべぇ!

ロスタイムはまだ2分あるんだぜ!ボールをセンターにセットすべくボールを持って走ってるのは
徳島の選手だがね。同点にされたら得点すべぇよ。時間はまだあるんだぜ!

しかし無情にもタイムアップの笛が競技場に鳴り響き、スタを溜息が包む。

試合をコントロールして勝利をもぎ取るのは草津のはずだったが、勝利への欲望をよりたぎらせた
のはホームの草津ではなく徳島だったいね。

試合前にトムさんがB-H北にやってきて「90分間耐えてくれ!」と言ってたが管理人は90分間+α
じゃないんかい!?と一人突っ込みを入れてけどね・・・。

試合終了まじかに「草津GO!」をやるんは良いけど勝利は終了の笛が鳴って初めて決まるん
さね。

一抹の不安を感じながらの応援はまさかの引き分けに怒号が交差する場面になっちまったいね。

でも管理人は、今日の試合つまんねぇなんてちっとも思ってねぇんさ。

いろんな意見はあるのは承知してるけど、今日のゲームは楽しかったよ!もちろん勝利で終われ
れば言うことなしだけど選手たちのやりたいことはピッチで表現できてたんじゃないかな。これが因
縁の対決というもんだという気がしてたんさ。

上位陣から勝ち点の取れない状況で5位の徳島から勝ち点を取れたことは評価できるんでないか
な。

ここ一番という試合で結果が出ないのは悔しいけれど今のサッカーを続けてれば必ずチャンスは
来ると信じてるんさ。ただ、管理人が見ている所からは後半になって徳島が羽地に向かって愚直に
ロングボールを繋げて点を取りに来たんさ。いつかやられる予感がしてたんだが、最後の最後でマ
ークが緩んで途中出場のファビオに同点弾を打たれちまった。

再三のピンチも守護神・北がファインプレーでゴールを守ってたんだが、残念だったいね。

今の草津が勝ち点3を奪うには、先制点はもちろん追加点も上げないと苦しいやいね。

現状では、選手層の薄さはいかんともしがたいかな。徳島は交代した選手が同点弾を放ち、うちは
追加点を上げることが出来なかった。残念だけどそれが実力だいね。

前回のエントリーで草津は強えんだか弱えんだかわからんと書いたけど、今日の試合からは強くは
ないけど弱くもねぇ。そういうことの気がするんさね。今の草津のコンセプトを完結するには、強力な
CBが必要だと管理人は強く思います。


高さと強さを兼ね備えたCBの補強が必要だいね。(でも、居ないんさね残念だけど)


それでは、今いるメンバーでどうすれば良いのか?監督の手腕の見せどころですぜ!どうします?

監督!次の試合での監督の回答を期待して待ってます。

遠く敷島まで遠征された徳島サポのみなさん!今日は勝ちに等しい劇的な試合でおめでとうござ
います。次回の対戦も心より楽しみにしています。お気をつけてお帰り下さい。
[PR]
by tbum3396 | 2009-07-05 01:09 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)