J2第10節、草津対東京V、0-2。

仕事の関係で対東京V戦の観戦はやむなく欠席。

降りしきる雨の中、必死の応援をくりひろげたサポーターの願いもむなしく、前半早々の失点。

そして更なる追加点を奪われ試合の主導権は最後まで手繰り寄せることが出来ずに完敗と
なりました。

帰宅後に録画を見ようとしましたが、2失点されたところから先に進むことが出来ませんでした。

大黒、レアンドロといった相手FWに仕事をさせてしまっては、勝ち点を奪うことすら難しいこと
でしょう。

今季の草津は、撃ち合い上等と言いつつも先に失点をしてしまうと勝ち点すら奪えない状況です。

雨中の試合ということで技術の差というかショートパスを上手くつなぐことが出来ず、状況をうまく
判断した東京Vに中盤省略のロングボールでゴールに迫られて失点という、自然をうまく味方に
出来ないいつもの草津らしい展開だったようです。

ルーキー・佐藤のJデビューという収穫があったのが唯一の見どころではあまりに寂しいです。

すぐに解決策がある訳ではないので地道に一歩づつ前へ歩みを進めていかなくてはなりません。
[PR]
by tbum3396 | 2009-04-30 22:45 | ザスパクサツ群馬 | Comments(0)